記事一覧

巷にあふれる「差別化」という言葉、私は大嫌いだ!

ファイル 272-1.jpg 1枚目の写真は、7月27日の読売新聞朝刊の記事である。それは神奈川県相模原市で起こった、まだ忘れることのできない悲惨な事件から1年目の記事のものである。その事件は現場となった知的障害者福祉施設「津久井 やまゆり園」の26歳の元職員による殺傷事件で、19人が死亡した戦後最悪の殺人事件である。そして報道によれば、容疑者の口からは想像を絶する差別の言葉があふれ出ている感じがしている。
 この国における職業や身体的特徴などに基づく差別の歴史はきわめて古いことはそれなりに承知しているし、子供のころ私が育った田舎でも差別があったことは薄々知ってはいた。それでも、それを表現する“差別用語”を口にすることのおぞましさは、なぜか気になっており、一切口にすることはなかったと自信がある。そのようにさまざまな“差別用語”を口にしたくない、あるいは口にした時のうしろめたさは今の年齢になるまで変わらない。
 そんな私を悩ませているのは、巷に氾濫する「差別化」という言葉である。たまたま7月25日の読売新聞の記事(2枚目の写真)にその言葉が出ていたのでここに使うことにした。この読売新聞のこの記事の目的はすでに多々問題になって安倍内閣改造につながったことであり、ここで特に問題とはしない。ファイル 272-2.jpgこの記事写真の左側の傍線を引いた部分の記事を拡大したのが3枚目の写真である。そこには、『差別化できるよう、よく検討していただきたい』との言葉が躍っている。
 なぜか「差別」という言葉が気になって口にできない私にとって、「差別化」も同様である。ブリタニカ小百科事典によれば、差別という言葉は英語では"discrimination"で、「特定の個人や集団に対して正当な理由もなく生活全般にかかわる不利益を強制する行為をさす。その差別的行為の対象となる基準は自然的カテゴリー (身体的特徴) の場合もあれば,社会的カテゴリー (所属集団) の場合もあるが,いずれにせよ恣意的な分割によって行われる」とある。このことが行われて問題が発生するのは、単純に言えばその対象に対して「優劣」をつけることからくる、と私は思う。
 一方「差別化」であるが、英語では"differentiation"で、コトバンクによれば「一方を高く、一方を低く取り扱うこと。あるいは、同類の他のものと違いを際立たせること」とあり、どちらかといえば企業戦略において頻繁に使われ、「違い」を明確にする意味が強いと思われる。したがって、「差別化」は「差別」のように恣意的に優劣をつける、あるいは分割するなどのニュアンスを元々持たないが、「差別」という言葉の強い影響を受けて私などが“口にするのもはばかる”という状況が生まれてくる。
 しかしネットでこの「差別化」を調べてみると、私のように「差別化」そのものが「差別」というニュアンスの延長線上にあると感じる人が多いのが実情のようである。実はこのことが大変私には気になっている。つまり、多くの人々がグローバル化の波の中での企業戦略で「差別化」という言葉を無自覚に頻発することで、ファイル 272-3.jpg「差別」という慎重でなければならない感覚が、若い世代も含めて麻痺が進んでゆくのではないかと心配するのである。あえて言えば、そのような自覚できない麻痺が止むことのない学校や社会でのいじめや、障害者施設での思わぬ凶悪な事件の底流になっている可能性を否定できないのである。
 それはともかく、私は「差別」はもちろん「差別化」という言葉を、たとえ企業戦略の一つであっても、日常的に聞きたくない。これは私の個人的な感覚だけではないと思うので、あえてこのブログに書かせていただきたい。きっと誰にでも、ある種の言葉は使いたくない、口にするのもおぞましいと思うものがいくつもあるに違いない。私の育った環境がこのような“差別”という響きを持つ言葉に対して嫌な感覚を私に植え付けてくれていたことに心から感謝している。それを維持することがとりあえずの私の責務である。
 是非、新聞やテレビなどのマスメディアもこの「差別化」という言葉を嫌な感じで受け取る人間がいることを考え、安易に使わないでもらいたいと切望する。

大都会のビル群に囲まれた国民公園、新宿御苑

ファイル 267-1.jpg 大型連休のはじめの暑い日、簡単に行けるところとして新宿御苑を選んだ。新宿駅西口からトコトコと歩いて15分、大勢の観光客に交じって1枚目の組写真右上にある新宿門から公園に入った。入ってしまうと広いスペースの中で込み合っていた感覚は消え、ゆったりとした気分になれた。外周3.5キロ、面積58.3ヘクタールの広い公園である。
 その入り口にあった簡単な公園のチラシ(右下)を見て驚いた。この御苑は名前からして宮内庁関係のものかと思っていたが、このチラシには新宿御苑は“環境省 国民公園”と書いてあったのである。Wikipediaに尋ねてみると次のように言う。「国民公園(こくみんこうえん)とは、環境省が管理する公園の一つ。国が設置・管理する公園で、都市公園・自然公園以外のものを指す。旧皇室苑地である皇居外苑・新宿御苑・京都御苑の3箇所が国民公園であり、これと無名戦没者の遺骨が納められている千鳥ヶ淵戦没者墓苑と戦後強制抑留及び引揚死没者慰霊碑苑地を合わせて国民公園等という。」ファイル 267-2.jpg宮内庁が絡んでいたことは正しかったが、元は武家屋敷跡地であったらしい。
 そして、このチラシは次のように言う。「新宿御苑は、徳川家康の家臣、内藤氏の江戸屋敷の一部がそのルーツと言われています。明治に入り、農事試験場を経て、明治39年(1906)に皇室の庭園となり、戦後昭和24年(1949)に国民公園として一般に公開されました。園内には、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園、日本庭園が巧みにデザインされ、明治を代表する近代西洋庭園といわれています。」
 この公園を散策して感じることは、大きな木々が茂り、多彩な形式の庭園に多種類の花が咲く心休まる場であり、広い芝生の空間で大人も子供も走り回ることのできる都会での貴重なスペースであることである。でも、それにもかかわらず多種類の木々や草木、その花などの名前の名札などは、ごくわずかを除いてほとんど付けられておらず、私たちの知りたい欲望を満足させてはくれない。どうしてそんな簡単なことができないのかといつもいわゆる公園などに行くと不思議である。ファイル 267-3.jpgまた、広場や木陰で食事をしたり手持無沙汰な家族などの周りには持参したサッカーボールなどが使われないままに置かれていた。よく注意事項の看板などを探して見ると、道具を使った遊びは禁じられている。要するに、ただただ走ることしかできないようになっていて、球技などは一切ご法度である。いま頃になって子供の体力が落ちたなんて言ったって後の祭りである。
 日本ではどうしてこうなってしまうのだろうか。ちょっと脱線だが書いておきたい。確かにあまり広くない公園などで野球をやったりサッカーをやったりすればケガなどが起こりうることはよくわかる。楽しく時に激しくスポーツをすればその延長線上にはケガが起こることは確かだろう。では、そんな危なさを感じなくてよいような広いスペースを、遊びやスポーツをやりたい人たちになぜ提供しようと考えないのだろうか。
 日本は狭くて人口が多いからそれは無理だと誰しも言う。ファイル 267-4.jpgでも、私は以前計算したことがある(そのデータを無くしたのは残念だが)。それはひとりの人間が遊ぶ時のスペースの計算である。たとえば、この狭い日本にもなぜか無数と言ってよいほどのゴルフ場がある。そこで一日に何人のゴルファーがプレーしているか、子供が安全に遊べるスペースだと何人にあたるかを計算したことがあるが、驚くべき数値だった。この狭い日本でゴルフ場が開発できるのなら、子供のためのスペースなんてやる気があれば開発できるはずである。いまここでは机上の空論なのでこれ以上は書かないが、なぜとりあえず安全策の一つとして“安全管理人”などをおいて公園を安全に使う方策を考えないのだろうか。海水浴場やプールには置いているような人材を公園に置けばよい。それをボランディアでやれる人は私を含めて沢山いるはずである。子供たちを狭い場所に押し込めておいて、子供の声がうるさいと文句を言うような大人が増えてほしくないのである。もう止めておく。
 以上のような不満はあるが、なかなかの公園である。私はあまり木々や花などのことは詳しくないので、組み写真で皆さんにこの公園の雰囲気を感じてもらえればとだけ思う。ファイル 267-5.jpgその写真を撮るときに心掛けたことは、どっちを見てもビルに囲まれているので、それをあえてすべての組写真に取り込んである。ビルに囲まれているが立派な公園である。
 1枚目の組写真の右下にはチラシの写真を入れてある。拡大していただければ公園の全貌を知ることは可能である。この地図の11時の方向が北であり、8時の方向に見えている鉛筆のようなビルは“NTTドコモ代々木ビル”で原宿あたりからもよく見えるが、携帯電話などの電波塔だと聞いている。この電波塔はすべての組写真に取り込んである。2枚目の組写真はサツキとツツジだろうと思われる。3枚目の組写真の花はホウノキの仲間のタイサンボクの花と蕾で、私は初めて見た。大きくて大変きれいで優雅な感じの花である。4枚目の組写真はフランス式整形庭園にあるプラタナス並木(スズカケノキ)である。5枚目の組写真にはメタセコイアも見えている。
 とにかく、一度訪れて楽しむ価値は大いにあるとお伝えしておきたい。ここまでには全く触れなかったが、この公園には大きな温室があり、多彩な植物の名前や特徴などがはっきりと記されていて教育的価値に優れている。

追記:
 3枚目の写真の花の説明で「ホウノキの仲間のタイサンボクの花」と書いたが、知人から指摘があり、「ホウノキの花」と訂正したい。なお、同公園には別の場所にタイサンボクもあるとされる。

緑道の春の花トンネルを走る気持ちよさ!

ファイル 265-1.jpg 5月となれば花の種類もガラッと変わってしまったが、それでも今度は緑に映える緑道は素晴らしい。私はかって、この相模原台地の緑道緑地のかなりの部分はかって水田開発のために作られた給水路が、市街地への転換で役割を終えて市民のためのウォーキングやランニング、そしてまたサイクリングのための道に成り代わったものだと書いた(http;//www.unique-runner.com/blog/diary.cgi?no=254 )。ありがたいことにその緑道を私は週に数回トレーニングやリフレッシュのために使わせていただいている。
 そして上のタイトルに書いたように、春になるとこの緑道の脇には様々な美しい草木が一斉に花を開き、私たちを楽しませてくれる。自治体がきちんと管理している部分もあるが、その多くは市民の皆さんが自主的に管理されているものが多く、また、その緑道の傍に住まいを構えておられる方々が様々な草木を植えてそこを通る私たちを楽しませてくださっているらしい。ただただありがたいと思う。今回は4月のはじめ2日にわたってカメラを担いで自転車で走り回って写真を撮らせてもらった。写真の整理の仕方が難しくて撮影した写真の一部分しか紹介できないのが残念であるが、そのわずかでも楽しんでいただければ幸いである。
ファイル 265-2.jpg さて、どのような道筋を走っているかを簡単に説明したい。私は国道50号線に近いところに住んでおり、そこから50号線を西に1キロ走り、そこから北に向いて小田急相模原駅(いわゆる“オダサガ”である)そばを通って国立相模原病院に向かう。1枚目の組写真の上2枚の左1枚は、私の窓から見える聖セシリア学園の大きな満開のソメイヨシノの木で、右の黄色い花は道路際に咲いている、私の大好きなキイロハナカタバミである。国道を離れてオダサガに向かう右側には、高校のスポーツ界で名高い東海大相模高校がある。下の写真は、その野球部が練習する室内練習場で、絶えず金属バットからの快音が聞こえている。
 そこから1.5キロほど行くとオダサガである。その交差点には面白い標識があり、“サウザンロード入口”とある(2枚目の組写真)。これは1キロの直線の商店街で、だからthousandという、大変人通りの多い元気な商店街である。私はいつもそこを走り抜ける、と目の前に国立相模原病院が目に入る。そこまでおよそ4キロで、ファイル 265-3.jpgそこで少し休憩してから東に向かった一般道を2キロ弱走ると右下の写真にある相模大野の御園二丁目の交差点に出る。ここが私が走るつきみ野に至る約5キロの南行き緑道の入り口である。
 あとはもうただただきれいな花いっぱいの幅2-3メートルの緑道を気持ちよく走るだけである。この台地は南行きは必ず少しだけ下っているから何とも快適である。3枚目の組写真は、その緑道が花のトンネルのようになっている写真である。何種類かのサクラやシダレザクラ、それにツバキの大きな木もたくさんある。4枚目の組写真は、少し雰囲気の違うシダレザクラと緑道傍の民家のおじさんが栽培しているかわいいシキザクラ(四季桜)の写真2枚である。この四季桜のおじさんはいろいろ楽しい話を聞かせてくれた。
 最後の5枚目の組写真は、迷いに迷ってこのような構成になってしまった(実はこのブログは写真は5枚しか掲載しないようになっているので・・・)。左上の2枚はいずれもモモの花で、この界隈には濃い赤色や白のモモの木が非常に多いのが印象的である。ファイル 265-4.jpgきれいなシダレモモの花もあったがなぜか選んでいるうちにはずれてしまった。それはともかく、左上の2枚目の写真には白い花の中に赤い花が混じっているのが面白い。モモの花はもともとはアントシアニンの赤い色素を持つものが普通であるが(左上の写真のように)、時にはその色素の合成がうまくいかない突然変異が起こり白い花をつけるものが現れることが知られていて、それはどうやらトランスポゾンと呼ばれる“飛び回る遺伝子”が原因となっていることが分かってきている。
 このようなことがモモでどこまでわかっているかは遺伝子に詳しくない私はよく知らないが、ウメなどではそう言われているように思う。もともとこの遺伝子ははるか前の1940年代にトウモロコシでマクリントックが発見し、1983年にノーベル医学・生理学賞を受賞して知られるようになったものである。このタイプの遺伝子は染色体内を飛び回ることで知られ、それが飛び込んだ領域の遺伝情報は改変される可能性が高く、モモの場合には赤い色素を作る遺伝子がダメになってしまったと考えられる。ファイル 265-5.jpgこの種の遺伝子は人などの遺伝子にも大量に含まれていることが知られ始め、ヒト遺伝子の解明が進んでいると喜んでいるが、むしろ私たちの遺伝子にはわからないことが山のように存在していることが分かってきたと考えるべきなのであろう。分かってくるとヒトの遺伝現象に何が起こるか分からない戦慄さえ覚える。
 さて、そんな話はいい加減にしておかないと話が終わらなくなってしまう。要するに、花いっぱいの緑道を走るのは本当に気持ちがよいという話である。写真の左下と真ん中下はツバキの花である。また、右上の写真には左側にコブシ、そして右側にはちょっと見にくいがシモクレン(紫のモクレン)が緑道の両側に咲き誇っている。右下にはシモクレンの一輪だけをクローズアップした。
 実はこの何倍もの写真を撮ったのにもかかわらず、ここに出すことができないのは残念である。この近くにお住まいの方はぜひ一度この緑道を訪ねられることをお勧めしたい。

ページ移動