記事一覧

少年や女性たちの加入でアンプティサッカーはさらに拡がりつつある

ファイル 278-1.jpg 昨年、大いに感動した下肢や上肢に障害を持つ人たちのサッカー、いわゆるアンプティサッカーの第7回アンプティサッカー日本選手権を今年もまた観戦する機会に恵まれることになった。なお今年の観戦記を書く前に、このサッカーの成り立ちやルールなどの基本的な情報は昨年書いたブログ“アンプティサッカー(Amputee Soccer)、その凄さを知る”(http://www.unique-runner.com/blog/diary.cgi?no=253 )にかいてあるので、ぜひそれをご覧いただきたい。
 1枚目の写真は、大会のパンフレットの写真と観客席に立ち並んでいた旗、それにこのアンプティサッカー協会に多大な貢献をされているセルジオ越後氏の閉会式での挨拶と彼の穏やかな表情の写真である。
 さて、今年は日曜日に会場の富士通スタジアム川崎に訪れたからかもしれないが、ファイル 278-2.jpgバックスタンドにまで多くの観客の姿を見ることができ、大きな広がりを肌で感じうれしい限りであった。とにかく、できるだけ写真で今回の観戦記を書いてゆきたいと思う。
 前回も書いたが、松葉杖、すなわちクラッチを巧みに使っての攻防は、スローインの代わりにキックインを使うルールの影響もあってかゴール前の闘いが激しい。そのシーンの写真を数枚掲載した。それが2枚目3枚目の写真に表れている。3枚目の写真を少し解説すると、右上は強烈なシュートのキーパーによるパンチング、右下は少年選手が左サイドに入ってきてゴール前にボールをあげたいのだが、キックする脚は右足なので非常に苦しいのがよくわかる。また、左上の写真は左側からの8番の選手の強烈なシュートだったのだが、そのシュートを打った選手を拡大したのがその下の写真である。要するに、キックするときには完全に上半身が宙に浮くことになり、その時体を支えるのは2本のクラッチであることがよくわかる。ファイル 278-3.jpgこのようにクラッチをいかにうまく操るかがスピードあるランニングやドリブル、そしてシュートのカギを握っているように感じる。
 4枚目の写真は決勝戦、東京都のFCアウボラーダ vs 大分市のFC九州バイラオールの戦いの様子である。聞くところによれば今回を含めてこの同じ組み合わせの決勝戦が4年連続で続いているようで、強豪同士の戦いが予想されたがその通りであった。左上は決勝戦の前に関係者から激励を受ける選手たち、その右の2枚はゴール前での戦いである。前半1点を先行したFC九州が押し切るかと思われたが終盤に追いつかれて延長戦となった。延長戦でもつばぜり合いは続き、逆に先行したFCアウボラーダだったが終了直前にFC九州チームが追いつきPK戦に突入した。しかし、信じられない強烈なシュート合戦が続いてなかなか決着がつかなかったが、やっと6人目(おぼろげだが)にFCアウボラーダが外し遂に決着がついた。右の真ん中はPK戦の様子、ファイル 278-4.jpgそして右下は最後のシュートが決まって歓声を上げて飛び出している白いユニフォームのFC九州、そして抱き合って喜ぶ選手たちの姿が左下の大きい写真である。
 5枚目の写真は優勝チームの写真を真ん中に、さらに左上にはもっとも私の印象に残り、最優秀選手(間違いないと思いますが)のFC九州バイラオールの萱島比呂選手の写真である。今年6月ポーランドで行われた第6回Amp Futbol Cup 2017で日本は3位となり、萱島選手は最優秀選手賞を受けた世界のトップ選手である。そのドリブルのスピードやシュート力、そしてゲームコントロールには驚かされた。もちろん、それ以外にも多くの優れた選手が見られ、中でも活発なコーチングや正確極まりないゴールキックを蹴るFC九州のキーパーはすごく印象的であった。
 そのような優秀な選手とは別にこの大会を盛り上げたのは多くの少年や女性の参加だったようだ。ファイル 278-5.jpg閉会式では関係者の皆さんがこぞってそのことに言及したのは印象的で、写真に撮れていた皆さんはできるだけこの5枚目の写真に入れようと努めた。新しい世代と女性の参加はこれからのアンプティサッカーの未来に明るい光をもたらすと確信する。また来年が楽しみである。

暑さと弱気の虫に負けました!

ファイル 266-1.jpg 今シーズンの締めくくりに向けて気力を充実させて臨んだはずでした。しかし何事も思う通りにはいかぬものと思い知らされた第19回長野マラソンでした。1枚目の写真のデータを見てください。これは2月の京都マラソンの公式の速報データですが、前半のアップダウンの多いコースを速いペースで走ってしまったために30キロ以降の後半に、いつものことですが、極度に失速する危ないレースをしてしまいました。
 そのようなことを考慮に入れて今回は完全なイーブンペースで行こうと決めて参加しました。2枚目のデータでもわかりますが、前半は京都に比べてキロ当たりで30秒ほど落としたペースで走ったことが分かりますが、実は思ったよりキロ当たり10秒ほど遅くなってしまっています。これが問題でした。そのために中間点のタイムが2時間20分になり、思惑より5分ほど遅かったのです。
ファイル 266-2.jpg このデータは25㎞の通過タイムが最後になっており、棄権したことがお分かりと思います。実は少し遅くはなっていても安定して走れていたのですが、仮に中間点までのペースで後半も走れたとしても制限時間5時間まで20分の余裕しかないことを心配しながら走っていました。さらに気になっていたことは、走り始めてわずか5キロ地点の給水所ですでに脚や首から背中にかけて水をかけなければいけないほど暑さを感じていたことでした。そしてすべての給水所で飲むだけではなく身体を冷やす目的で水を使わなければならなかったのです。
 このことを考え、無理をしないということを第一に考えて29.8キロ地点の関門で余力を残しながら自発的にリタイアしました。私がリタイアした関門でもあとからくるランナーが続々ファイル 266-3.jpg関門ストップがかかり、その関門を危うく通過したランナーのほとんどがその後歩いている姿を、回収バスから見ることができました。後に事務局が発表した完走率の低さの犯人は思わぬ暑さでした。朝から雲ひとつないカンカン照りで午前10時過ぎには20℃を超え、正午の気象台データを調べると風も微風の23℃で、ランナーが感じる路上の温度ははるかに高かったと思われる。長野マラソン事務局が発表した完走率の中に次のような表現があった(3枚目の写真)。「今回は晴天に恵まれすぎたようです。午前10:00過ぎには20℃超える、マラソンには灼熱の気象コンディションの影響で、完走率は大会史上最低の77.86%となりました。」この大会は基本的には制限時間5時間をものともしないランナー(最近の私はそうでもないが)が参加すると思われますが、それでもこの完走率は異例の低さでした。
ファイル 266-4.jpg この程度の気温は夏では何ともない高さなのですが、まだ冬のような低い気温にも対応できるように、熱を簡単に逃がさないような身体が維持されているときの今回の気温は、ランナーには大変厳しいものでした。私はこの気温の高さを恐れ、まだ完走の可能性がある地点でリタイアを決意しました。レース後1週間の体調を見てみるとほとんどレースによるダメージがなかったことから、もっとチャレンジすべきだったのではと後から悔やんでいます。最後の写真は私と一緒に走った仲間の写真です。私よりはるかに若い彼らの一人はやはり同じ関門で両ふくらはぎの故障のためリタイアとなりました。それほど厳しい条件だったと考えてよいのかもしれません。それらを考えると今回の積極的なリタイアは“負けるが勝ち”で、暑さによる不測の事態を避けることにつながったと前向きに考えることにはしたいと思います。
 実は、今回のレースに向けては、名古屋ウィメンズマラソンで優勝した安藤選手のように腕を下げる走法に変更するなどの改善をしてきました。その効果もあってか呼吸は終始楽で心拍数に問題もなく今後に向けて明るい希望が持てそうです。しかし、相変わらず私の頭の中には30キロ以降の消耗戦をどう乗り切るかの課題が渦巻いています。早く解決しないと時間切れになりそうです。いまそれを解決するためのトレーニング法の改善を試しつつあります。そして新しい身体を作り上げて秋からのシーズンに臨みたい。

私に新しい何かを迫った京都マラソン2017

 私にはこれまで京都でのハーフマラソンは縁起がよかった。実は京都で最初のハーフを走ったのは2001年で、それまではこのレースの2時間という制限時間の壁がとても恐ろしく出られなかったのである。そして64歳時の2004年3月に今でも破ることのできない私のハーフの最高タイム1時間41分13秒を出すことができた。いまから考えてもどうしてこんなタイムが出せたのかはわからないが、この京都では何度か40分前半のタイムを出せ、私に自信を持たせてくれた京都はとても相性が良いのである。
ファイル 263-1.jpg そんな京都をフルマラソンで走る機会はこれまで2度あったがいずれも故障でキャンセルしており、今回3度目の正直と勢い込んで京都にやってきた。昨年11月神戸マラソンを走った後は順調に調整できたと思っていた。ただ、こちらに引っ越してからはなかなかジムでのトレーニングになじめず、ほとんどロードを走るだけとなり、筋トレなどが極端に不足していることは気になっていた。しかし、一応目標とした月間150キロほどは走って調整してきたつもりであった。
 レース当日の早朝7時過ぎ、西京極の野球場のネット裏スタンドに入って着替えをすることにした。この野球場は、私が西京極に近い大阪・高槻にいた時に夏の高校野球・京都大会の試合を何度か観戦に来たこともあり、落ち着いた気分でグランドを眺めていることができた。ただ、前夜の小雨の後相当冷えたらしく、シートに溜まった水がカチカチに凍りついていたこともあり、朝日を浴びてはいたが底冷えのする朝であった。着替えてから荷物をトラックに預け、トイレで用を足してからウォーミングアップをしてスタートに備えたが、残念なことにトイレの数もかなり不足気味で、さらにアップのためのオープンスペースが少ないことから他のレースの会場に比べて少し窮屈な感じを受けた。
 陸上競技場のトラックに整列して9時にスタートしたが、トラックも氷の解けた水で濡れており、競技場を出てしばらくの石畳も濡れていて用心深く走ったのを覚えている。転倒が一番怖いからである。1枚目の写真は今回のコース図の写真である。写真はかなり拡大してご覧いただきたい。競技場を出てから嵐山方面に向かい桂川の堤防道路を北西に向かい渡月橋を左前方に見ながら右折して天龍寺の方向に向かうコースを取った。このあたりでは、前方に見える山々に霧がかかっていかにも京都と思わせる雰囲気を感じることができた。
ファイル 263-2.jpg その後、一条通を東に向かって広沢池、仁和寺、龍安寺を左に見て走るにしたがってアップダウンの厳しさを実感することになった。実はコース図の写真の左上の方に黄色で高低差が表示されています。私がこの図を見て感じていたことは、いったん10キロ手前までで坂を上りきってしまえば、あとはだらだらした比較的平坦なコースと勘違いしていたことでした。よくよくその図を見ると、決してそんなことはなく、25mほどの高低差のあるアップダウンがいくつも続いていたのです。その時点ではそんなことを考えてる余裕は最早ありませんでした。14キロ時点の馬代通から上立売通へ曲がって入る地点で、あらかじめ示し合わせたかっての職場の先輩を見つけることができ、ほっとして上りを意味する北に向かって順調に走っていきました。その順調さは、2枚目の写真の5キロごとのラップによく表れています。このあたりの賀茂川沿いの道路は、かって京都ハーフマラソンを走った時のコースのはずで、十分なじみがあり、穏やかな気分で走れたように思います。
 その後、賀茂川沿いを下りながら北山通りに入り、さらに府立植物園の中を巡って再び賀茂川の右岸を走ることになりました。実はこの29キロあたりからの賀茂川(鴨川)河川敷コースは私にはかなりきついコースでした。その理由は、狭く、またコンクリートの石畳や土の部分が混在していたことや小さな起伏がたくさんあることでじりじりと疲れを感じ始めてきました。また、目がしょぼしょぼし始めたことと、非常に疲れると身体が左に傾いて左に斜行する癖が出始めたので、あまり無理をしないようにとどこかで歩くことを決め、30キロあたりでしばらく歩き始めてしまいました。3枚目の写真は、私のGPS時計でのデータで、黄色いペース(分/キロ)の線が上に向かって急に上がっており(ペースが落ちている)、紫色の心拍数が急に下に向かって下がっている(スピードが落ちている)地点が最初に歩いた地点を表しています(なお、11キロ手前の同様のデータについては思い出せない)。その後32キロ地点とそれ以降に何度か歩き、40キロまでの10キロが私にとっては地獄のような時間でした。ファイル 263-3.jpgこの間、元気を出すために給食として用意されているミカン、パン、好きな生八つ橋などに手を出すのですが、それらを一口口に入れるだけでまともに食べられず、手に持っているだけで口からもぽろぽろこぼしている有様でした。こんな自分を情けない思いで見ていました。疲労の極致とはこんなことを言うんでしょうね。
 今出川通の最後の折り返しで、係の人に“あと3キロ、下るだけやで!!!”と大きな声で励ましを受け、最後まで間違いなく行けることを確信して気を取り直し、走り始めました。それでも、京大に近い東大路通で一度歩きましたが、あとは我慢し続けました。そして、東大路通から何度か左右に曲がって平安神宮の大鳥居の真下に入ってゆくのですが、まっすぐに走れず、左に斜行してやっとゴールの左端に入ってゆくことができました。ゴール後、荷物を受け取り更衣場の床に座り込んだまま貰ったドリンクも飲めず持っていたバナナも食べられず、一緒に走った仲間や応援に来てくれた方々とメールで連絡を取るだけで1時間半何もできませんでした。でも、2時間半後にやっと三条京阪まで歩き、その方々とおいしいビールを飲み“給食”を食べ、やっと生き返りました。タイムは4時間52分25秒。目標には10分以上届きませんでした。
 一昨年の神戸、昨年の長野と神戸、そして今回の京都マラソンを振り返ると、加齢が進む中4時間後半のタイムを脚力で押し切れる時代は終わりつつあるのかもしれないと感じている。もちろんトレーニングを積んで脚力を維持・強化することを考えているが、その努力で42.195キロというマラソンのなが~い距離を克服するのはとても難しい。それよりもどこまで精神的に頑張れるか、我慢できるにかかっているようである。その意味からすると、この4つのフルマラソンでは、必ずしもタイムはよくないが、しかし最後まで走り切りたいという精神力に支えられている、つまり、我慢する力は失われていない、そんなことを感じている。もうしばらくはがんばれそうである。
 しかし、問題は今回思いのほか早く“斜行する”悪い癖が出てきたことである。つまり、体の軸が不安定化しているのであろうか。私はこのブログの最初に、最近筋トレが不足していると書いた。今回早い段階にそれが表れたことが何によるのかはわからないが、脚力ではない筋力、特に体幹の筋力が不足しアンバランスになっているためと考えることもできる。これから1か月半、それを明確に意識して強化し長野に臨んでみようかといまは考えている。

ページ移動