記事一覧

世界の大国米国に、理解しがたく信じがたい大統領が登場!

 ?
 ?
 ?
 ?

 個別のことについてはいろいろあろうけど、全体として理解しがたく、信じがたい。国内外に向けて“恫喝”に徹した政治ができるのは、米国が巨大であるからである。“民主主義国家”であっても巨大であれば恫喝政治ができるのだと世界に見せつけていて恐ろしい。世界大恐慌、リーマンショックなどを繰り返してきた大国は、再び世界に自らの失敗のツケを払わせるのか。その代償はいずれ自ら払わなければならない。これ以上なにも言いたくない。

問題は「大衆迎合主義」か?

 2016年6月のイギリスEU離脱はヨーロッパのみならず世界を驚かせた。またフィリピンでの大統領選挙にも驚いた。さらにその上を行ったのが11月のアメリカ大統領選挙でのクリントン氏敗北、そしてあのトランプ氏勝利であった。さらに昨日にはイタリアで大掛かりな憲法改正を国民投票にかける試みが行われ、レンツィ首相が敗北し、即座に辞任を発表した。ここではポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」が勝利した。
 これらと少しだけ趣を異にしたのは、難民政策を争点にしたオーストリア大統領選挙のやり直し決選投票の結果である。リベラル派・緑の党・ファンデアベレン氏が51・7%を獲得し、極右で反難民の自由党・ホーファー氏の48.3%を破って勝利した。しかし僅差であり、近い将来にこの差はなくなると観測されている。
ファイル 256-1.jpg さて、本日の読売新聞朝刊の社説は、「首相辞任を招いた大衆迎合主義」となっている(写真)。私が今感じていることは、メディアがこのように決めつけることではたして何が解決されてゆくのであろうか、それは技術的なことでしょう、と言いたいのです。私は経済学を専門に勉強したわけではなく、ただこの社会に生きる人間としての感性でここに書いています。上に出てきた「緑の党」もかっては環境保護活動家たちの主張に乗った大衆迎合の党だったのだろうと考えます。でも、それは月日がたち環境破壊が不可逆的に進む現実の前では、社説に書かれるように「リベラル・緑の党」となってゆくのです。それは、あたかも小さな新興宗教が時代の流れの中で大きなまとまりのある宗教に変貌してゆくに似ています。かって「反原発」は、安全ですよ、そんなこと言っていてどうやって電力を供給できるのですか、とポピュリズム扱いされていたのですが、東北大地震とそれに伴う福島原発の破壊の前に、もはや日本の国の地方自治体選挙でも世界的にも大きな反原発の流れが息づいていると思われます。そのあたりの感覚に鋭い小泉元首相は、かっての「郵政民営化」に続いて「反原発」で動いています。
 それはそれとして、最も資本主義的に運営され民主主義を謳歌してきた欧米でこのような現象が発生するのはなぜかと思う。投下した資本以上に利益を上げられる資本主義が飲み込める地域は自国の外にはもはや無くなりつつあり、やむなく自国の中で搾取せざるを得なくなった結果、どの国でも富の局在化が激しく、特に何の蓄積もない若い人たちが貧困になってゆく。もちろん、資本主義を謳歌してきた国以外の国々はますます疲弊し、内紛がおこって難民が溢れることになる。そのように発生した難民に、発展してきたはずの資本主義国の若者が職を奪われることになる。悪循環が始まってしまった。それがヨーロッパやアメリカの現実でしょうか。だから地殻変動が起こっている。日本ではまだ大規模な地殻変動は地政学的な隔たりもあって目には見えていないが、いずれ同じ問題に遭遇することは間違いないであろう。すでに若者の貧困化が顕著になりつつある。
 いま眺めてみて、すでにとうの昔から共産主義国はない。キューバがその片鱗を残しているのみかもしれない。ソビエト連邦は崩壊し、いまの国は資本主義国と変わらない。中国も、あれが共産主義国だと思う人はもういないでしょう。一党独裁だけがその気配を残している。黒猫も白猫(黄色い猫)もネズミを捕るのが良い猫なのである。だとしたら、資本主義は誰かに負けたのではなく、自己崩壊したとしか言えないのです。そのことを私たちが心底自覚することなくして先は見えてはこないのでしょう。経済の成長ではなく富の公平分配を実現するしかないが、どうしてよいやらわからない。だから、私もよくわかっていない。

「首相『すごい記録、日本人として誇りに思う』」?

ファイル 249-1.jpg 上のタイトルは1枚目のネット記事の写真の見出しから取ったものである。では安倍首相は何を誇りと思ったかと言えば、それは2枚目の写真のように米大リーグ、マイアミ・マーリンズに所属するイチロー・スズキ選手の記録のことである(読売新聞、6月16日夕)。その記録とは、日本時間6月16日に日米通算で4257本目のヒットを放ち、ピート・ローズ選手の記録を上回ったことを指している。
 走攻守に傑出した能力を持つイチロー選手は、これまで日本のプロ野球時代や大リーグに移ってからも数々の記録を作ってきたことはもちろんで、野球好きの私がそれを知らないはずはない。しかし、私がこれまでそれらについて何のコメントも発してこなかったが、それには私なりの理由があった。それは彼のマスコミを通じて流れてくる発言の分かりにくさである。私の知るところでは、彼はファンに対して彼自身の思いを分かりやすく伝えるということが残念ながらあまりない。もちろん、わかりやすく自分自身を表現することは生易しいことではないことはよくわかるが、それを克服するためにも重ね重ねの努力が求められるように思っている。その一方で、テレビのCMで彼の姿を見ることの方が積極的に彼がファンにメッセージを送る姿よりははるかに多いように思う。プロの選手にとってファンはかけがえのない存在のはずであり、最近コミュニケーションの面でそれなりの改善がみられるように思うが、それでも更なる改善を期待したい。だからと言って、彼の達成してきた数々の記録が色あせるというつもりはない。
ファイル 249-2.jpg 実はこのブログの目的は別にある。それは1枚目の写真にある。私はかってプロテニス選手・錦織の試合でなぜあれほどの日の丸が振られるのかと書いたことと関係がある(http://www.unique-runner.com/blog/diary.cgi?no=245 )。国が全く関係していないテニスの試合で、日の丸が出てくるのと安倍首相のコメントは根が同じである。そこに私は強いナショナリズムを感じてしまうのである。かって我が国が犯してしまった戦争も、その背後にナショナリズムを配置しながら遂行されてしまったのではなかったか。安倍政権になってから特に強いナショナリズムを振りかざす場面が多くなっていると感じるのである。もちろん上の首相談話は、記者に感想を求められたから気楽に答えたのだろう。だが、私にしてみればどの国の選手であるかどうかは別にして、“素晴らしい記録”とたたえてもらいたいのである。そうでなければ他国の選手の素晴らしい記録を素直にたたえることができなくなってしまう。スポーツとはどこにも垣根がないものであってほしいものである。だから私はどんなスポーツも好きである。
 昨日は沖縄の「慰霊の日」であった。6月23日は沖縄での組織的戦闘が終結した日で、県民の4人に1人が犠牲になったとされる。私も「平和の礎」(へいわのいしじ)を訪れたことがある。断崖絶壁の海に向かって作られており、犠牲者の名を記した石碑が数えきれないほど整然と並べられており、何とも言えないおもぐるしい感慨を感じた。沖縄戦ではナショナリズムの高揚だけではなく、日本軍による県民への戦闘の強要が大きな犠牲をもたらしたことが強く非難されなければならない。それから71年たっても米兵や軍属による沖縄県民への暴行・殺人などはなくならない。日米同盟の強化を声高に叫びながらも県民の願いである日米地位協定の改定に正面から立ち向かえない歴代自民党政権や安倍政権の弱腰は、ファイル 249-3.jpg日本の政治が沖縄県民のためになっていないことを如実に示している(「日米地位協定」、Wikipedia参照)。
 だから、安倍首相はそのようなナショナリズム丸出しのコメントを発することはやめて、資本主義社会の断末魔の叫びである社会内部での収奪による格差拡大(3枚目の写真、読売新聞6月18日朝)を止めることに知恵を出してはどうだろうか。ゼロパーセント成長のどこが悪いのだろうか?
 さきほど、英国のEUからの離脱が国民投票で決定された。英国をはじめとする多くの国々は、過去の植民地政策(帝国主義的政策)の延長線上に起こっているアフリカ・中近東における国家の崩壊・移民(難民)発生のあおりを受けて混乱の渦中にある。このあたりで、地球上に収奪の場がもはやなくなったことを自覚して、0%成長下での富の再分配の答えを探してみてはどうだろうか。その答えを出すに最も適した国は日本だと水野和夫氏は言う(「資本主義の終焉と歴史の危機」集英社新書、2014)。これと同様の流れは、米国・民主党大統領候補の一人サンダース氏の主張に見られ、大きな反響を呼んでいる。
追記:スイスで成人国民に月額約28万円を給付する「ベーシックインカム」制度についての国民投票(Wikipedia)が6月5日に行われ、否決されたが大きな注目を集めたことをいま思い出した。また経済学者の金子勝氏の「【つくられた貧困】東京が若者をブラックホールのように吸い込んだ結果が悪循環に」と称する興味深い記事を西日本新聞が配信している(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00010002-nishinp-soci&p=1 )。(2016/6/30)

ページ移動