記事一覧

相模原台地(相模野台地とも呼ばれる)に住んで

ファイル 254-1.jpg 関東に引っ越してから1年半が過ぎ、もうすぐ2年になる。私の住んでいる地域は、1年前に相模原市立博物館を見学したときから、相模原台地あるいは相模野台地とよばれるところであることは知っていた。そして、そこに住みながら様々な疑問が芽生えていたが、今年の9月29日の読売新聞に「相模原」という地名の謎が特集されていた(1枚目の写真)ことからもう少し地形学的なことを知りたいとの欲望に駆られていた。
 同時に、この地に住んでみると不思議なことがいくつもあり、たとえば次のようなことである。
①きわめて平坦であり、自転車移動が大変楽であること。これまでこれほど平坦な土地に住んだことのない者にはこのこと自体が不思議である。
②孫のサッカー見物のためかなり広い範囲を自転車で走り回ったが、畑ばかりで水田は相模川のすぐそばか、浸食でできた谷筋以外にはなかなか見られないこと。
③なぜか果樹園があちらこちらに散見されること。
④平坦なところに“林間”と名のつく地域がいくつもあり、木が林立する小さな公園やごく小さな雑木林があちらこちらに残されていること。
⑤なぜか1キロ以上の直線道路が私の住む近所に少なくとも2本もあること。
⑥大人から子供までがウオーキング、ランニング、サイクリングなどを楽しめる幅2~3メートルほどの良く管理された“緑道”が、この地域のあちらこちらに張り巡らされていること。
⑦広い公園・緑地がたくさんあり、また軍事施設が多くあること。
 このような疑問を解決するにはひょっとすると地形学的なことが大事なことかもしれないと思い、いつものことであるが「相模原台地」についてWikipediaに尋ねた。また、相模原市立博物館にも再度訪問して少し勉強もした。その結果次のようなことが徐々に分かってきた。まず2枚目の地形図の写真から見てみたい。
 その写真の左部分を見ていただくと、神奈川県の中央部にあたるこの相模原(相模野)台地は、左に大きな相模川、八王子を西端とし、ファイル 254-2.jpg境川の北部分から右下に曲がって三浦半島にまで達する“いるか”のような形の多摩丘陵に挟まれている領域であることが分かる(www.geocities.jp, IMGP1379.JPG)。右上の図は相模原市を中心として書かれたもので、左下の相模川と右上の境川(色がついてないのではっきりしないが)に挟まれた部分で、つまりは、北は多摩丘陵から西は相模川左岸(川の左岸右岸は水の流れる方向を見て左を左岸、右を右岸と呼ぶ)、東は境川の左岸の一部を含む。そしてこの地図には書かれていないが、小田急線の相模大野、東林間駅と書かれている所からこの相模原台地は南に向かって大和市、座間市、綾瀬市、海老名市と続き,そして藤沢、茅ヶ崎の北部に至る。狭いところでは東西2キロ、南に34キロの広い範囲で、元は相模川の堆積物によって形成された扇状地である。扇状地は、土砂を含んだ川水が山間部から急に平地に出たところで大きな粒子の土砂を失い、それが堆積することから始まる。その最初の部分の堆積物は比較的大きな粒状物で保水性に乏しく、また地下水位も低い。しかし、扇状地の先端部分になると小さな粒子が多くなり、海に開けた三角州の性質とよく似て保水性が上昇する。扇の中央部分はその中間的な性質を持つことになる。この上に富士山や箱根山の噴火の火山灰が降り積もった構造になっている。大和市のあたりではこの黒土ローム層は1.6メートルに及ぶとされる。
 この地域では、右上の地図のAからBの線での立体断面図で、この段丘上段では、多摩丘陵の谷戸(浸食によってできた谷様の地)を水源として流れる境川以外にはこの平地を分断する(開析する、と言う)川がなく、南北の高度差は当然あるもののそれ以外に高低差をつけることがない。この上段が南に折れ曲がって続き、したがって、私どもが住むこの扇状地の右下中央部分では、あくまで平坦であり、水田は難しく畑地ばかりとなり、地下水位があまり高くなくても栽培可能な果樹園などができることになる。このことを理解できれば上の疑問のいくつかに答えることになる。
 そしてこのような地形がこの地域のその後を決定することになった。江戸時代からこの地は新田開発が計画され実行されてきた。ファイル 254-3.jpgしかし扇状地で河川も少なく保水性の良くない土地柄のため畑地としてしか使えなかった。それでもそこに入植した人たちはそれに耐えて生活するために、コナラやクヌギを植えて薪炭という燃料を確保した。現在この地域に見られる“林間”をなす雑木林はその名残である。
 そのような困難を克服して水田開発を行うため明治以来大規模な河川開発事業が計画されたが実を結ばず、やっと昭和に入ってから相模多目的ダムの計画が動き、敗戦後の1947年についに相模ダムが完成した。もとは1000haの水田を作ることを目的にしたが、敗戦後の食糧増産を目指して2700haの畑地への灌漑を計画することとなり、この中には横浜市や川崎市への上水道水・工業用水供給水路建設も含まれていた。1963年にやっとすべての事業が完成した。建設された水路は幹線から末端まで含め160キロ以上とされる。1953頃から始まっていた畑地への通水はその後増え続けたが、次第にこの地域全体の市街地化により需要が激減し、詳細は分からないが1970年頃には大規模な農業用水としての使命は終わったようである。そして幹線水路の多くは緑道緑地として整備されてきた。私たちが現在ウォーキングやランニング、サイクリングなどで楽しんでいる緑道はこのような歴史を背負っていることが分かる。
 実はこの平坦な地形と首都圏への近さから、この地は軍都計画の対象となってきたのである。その内容は1枚目の写真の記事に詳しい。それによれば、陸軍士官学校を東京市ヶ谷から移すことに始まり(相武台へと思われる)、この台地の北半分は相模陸軍造兵廠に始まり南には高座海軍工廠ができ、その後海軍厚木基地などが続々生まれていった。なお、厚木基地は厚木市にあるのではなく、大和市と綾瀬市にまたがって存在する。不思議なネーミングである。
 敗戦後これら軍事施設の大半は米軍に接収され、この地域は基地の街が続くことになった。しかし、それらも徐々に返還されつつあり、その跡地は大規模な公園やスタジアム、また工業団地へと変わっていった。その典型は、巨大な日産自動車工場などの移転であり、いまもその一部は、と言っても大きいが、身近に見ることができる。さらに大学などの用地にかわるものもあり、相模原は軍都から文教地区へと変貌しつつあるようである(1枚目の写真)。その代表的なものが現JAXA宇宙航空研究開発機構で、旧宇宙科学研究所の東大駒場キャンパスからの引っ越しである。その相模原キャンパスには、ファイル 254-4.jpgペンシルロケットからの展開を見せる実物展示や、「はやぶさ」などの実物サイズの模型の展示などが豊富で、なかなか興味深い(3、4枚目の写真。上2枚は実物大「はやぶさ」模型、左下は現在金星に向かっている「あかつき」模型、右下は日本のロケット発展の展開展示)。そのそばには相模原市立博物館もあり、JAXAと組んで「はやぶさ」の回収カプセルのいち早い展示や「はやぶさ」が回収した微粒子の展示などが行われ、私も顕微鏡下でそれを見ることができた。
 最後に“海軍道路”について書いておこう。これは境川左岸の横浜市瀬谷区にあり、このいかめしい名前の道路は本当に3キロ弱の直線である。この“海軍”はアメリカの海軍だと思っていたが、実は日本海軍が付けた名前のようで、かっては様々な軍事物資の補給庫、貯蔵庫などであったらしいが正確なことはほとんどわからないとされる。ただ、滑走路としても使えるように直線になっているのは本当らしい(http://hamarepo.com/story.php?story_id=374 )。敗戦後この場所は米海軍上瀬谷通信施設として接収されていた。かなり前からその道路わきに400本以上の桜が植えられており、春には多くの見物人でにぎわうらしい。私も何度かこの直線道路を走ったが、まるで広い荒野を走っている感じがなかなか楽しいものである。この一帯は昨年の6月をもってその広大な地域は完全に返還され、現在どのように使うかが検討されている。
 ごちゃごちゃと書いてきたが、一つの地域がどのように発展してゆくかは、そこがどのような地形として出来上がってきているかが決定的に重要であることを、これを書きながら私自身に認識させることになった。もっと掘り下げればさらに興味深いことが出てくる可能性もあるので、さらに興味を持続させたい。なお、このブログを書くに当たりWikipediaの記事、足を運んだ相模原市立博物館や相模原市のホームページ、さらに森慎一氏の論文「相模原台地周辺の地形・地質」などは大変参考になった。ここに感謝する。

追記:1枚目の写真の記事に地名に関する面白い記述があった。それは「***野」と「***原」の違いで、「野」は利用しにくい草原を指し、「原」は広い平地を指すという。何か私の感覚とは真逆である。確かにこのあたりの「野」のつく地域は高低差が大きく移動にも困難が伴うように感じる。軍部は軍都計画の時に「相模野」ではなく「相模原」という地名に強くこだわったという。

超ラッキー! セミの羽化を65年?振りに観察した

ファイル 228-1.jpg 私が高槻に引っ越してきてほぼ25年。今の場所に移って11年になるが、いろいろな事情でこの地を去る日もそう遠いことではない。私が住むマンションのすぐそばには木々に囲まれた小さな公園があり、夏の季節になるといつも朝からセミの大合唱が聞こえてくる。それはかって子供のころに住んでいた三重県の山奥を思い出させるには十分である。そんなこともあり、毎年のように昆虫少年であったころを思い出し、セミの幼虫が見つからないかと夕方にはその公園をうろうろしてきたが、なぜかこれまで子供のころ得意であったセミの幼虫探しの腕前を発揮することはなかった。ところが今年は事情が違ったのである。そんなことを、セミの幼虫探しのコツを含めて日記帳に記憶として残しておきたいと思う。
 毎年のように夏休みになると関東に住む二人の孫が遊びに来るのが恒例である。小学生になったそんな孫を喜ばせてやりたいのと、私自身高槻での最後の夏の思い出にもしたいと、孫たちが来る1週間ほど前から夕方の5時半から6時ころに、公園の木の周りの地面(幼虫が地中から出た小さな穴がいくつも開いている)、また木の幹や枝、あるいはその葉っぱの裏を、これまでよりは少し真剣に探し始めた。そんなある日の夕方、目の高さの木の幹で羽化の終わりころのセミの幼虫を発見した。そのセミの羽がまっすぐに伸びた時の写真が4枚目の写真の左上である。
 それに背中を押されてあちらこちら探したところ小さな木を登っている1匹の幼虫を見つけた。胸が躍った!早速それを捕まえて家に持って帰り、ファイル 228-2.jpgふすまの枠やカーテンの下の方につかまらせて上に歩かせ、ジーと動きの止まるのを待った。動きが止まるとしばらくして背中が割れて羽化が始まることを子供のころの経験で知っていたからである。何度も写真を撮りやすい場所で羽化させようと場所を変え、やっと動きが止まったのがかもい(鴨居)である。きっと溝があって止まりやすかったのであろう。
 それからおよそ30分後から羽化が始まった。そして大きな変化があった時に写真を撮り、それを組み写真にしたのが1枚目である。写真の順番はどの写真でも左上から順に右下へである。何ともダイナミックで、羽がきれいに伸びるまでにおよそ2時間であろうか。少し小さいがクリックで拡大してご覧いただきたい。最後の右下は早朝に撮った写真で、クマゼミの成虫の体色に変わっている。羽や体が固くなるまでに7-8時間かかるといわれており、このセミにとって危険な時間は見つけられにくい暗い夜になっている。
 それ以来幸運な日々が続いた。孫たちが来た日には1匹の幼虫を捕まえ、孫たちはその羽化の様子を目の前で観察することができた。さらにその翌日にはクマゼミの幼虫らしいものと、それより小さい幼虫の合計2匹を捕まえ、それぞれ家の中での羽化を見守った。そのクマゼミの羽化を記録したのが2枚目の写真で、背中と頭部から出始めて反り返り、その後頭につかまってから腹部が出てくる様子がよくわかる。そして小さくたたみこまれていた羽がきれいに伸びて形を整え、あとは羽を含めて体も固くなって完成である(写真1と同様)。
ファイル 228-3.jpg しかし残念なことがあった。小さいほうの幼虫は背中が割れて体が出始めるのに非常に時間がかかり、その後もついに頭が全部出てくることはなかった。私は3時間ほどその羽化を見続けたがついに羽化が進むことはなかった。朝になってみると、そのままで体の色が黒く変わっているのが分かるが(右下)、羽化しなかったためにそれがアブラゼミの幼虫だったのか、ニイニイゼミの幼虫だったのか、あるいはツクツクボウシの幼虫だったのかは分からずじまいであった。それが3枚目の写真である。
 なぜ羽化できなかったのかはわからないが、木の下で捕まえた時も木から落ちたらしくひっくり返っていたのと、家の中で動きを止めて羽化を始めるまでに固い床に落下したことがあったので、それが原因だったのかもしれない。きれいに羽化したセミは公園で放してあげたが、羽化できなかった幼虫はもともといた木の下に穴を掘って埋め、土に返してあげた。
 孫たちが帰った後も夕方6時半頃公園で羽化しているセミを見つけた。それが4枚目の写真の右上の姿である。どうもアブラゼミらしい。今年の夏はいろいろあったが、その一つは4枚目の写真の左下に見られるように、多分コクワガタの雌が我が家のベランダにやってきたことで、自然が一杯でうれしい。その写真の右下のはピンク色のアサガオである。昨年は青い花だけであったアサガオの種からの苗をもらって咲かせたのにもかかわらず、今年のはピンク一色である。いわゆる“先祖がえり”であろうか。
 それにしてもセミのことでいろいろ勉強できた。羽化したセミは短命だと言われているが、それは飼育できないためにそう言われているだけで1か月も生きるらしいという人もいるようである。セミのことを調べてみるとわからないことだらけであった。ファイル 228-4.jpg自然のことは本当に分かっていないのである。だから、これから大人になってゆく子供たちに自然の不思議を解き明かしてほしいのである。

追補:最後にセミの幼虫探しのコツを2つ書いておこう。
(1)セミの幼虫は木の根の樹液を吸って生きているので、木のそばの土の中から出てきて、それから木に登る。あるいはフェンスの金網に上ることもある。だから探すには木の周りの地面と木の幹や枝、それに葉っぱの裏などで“動いているもの”をよく見ること。時間は朝ではなく夕方の5時から7時ころまでであろうか。
(2)セミの幼虫を取るので一番面白いのは、まだ土の中にいる幼虫を探し出すことである。幼虫は地中から出る前にまず小さな、数ミリ程度の小さな穴をあけて出る前に様子をうかがっている。そんな穴が見つけやすいのはきれいに掃除をしてあるお寺や神社の境内である。そんな穴があればそこを木の枝などでトントンと突っついてやると突然1センチ以上に穴が大きくなる。その穴にそおっと10センチ程度の細い木の枝を差し込んでやると、もし中に幼虫がいればそれにつかまろうとするのでその木の枝が動く。それをゆっくりと持ち上げると幼虫が一緒に出てくる。幼虫が出てくるまで繰り返せばよい。まるで魚釣りのようなものである。

私のアサガオ 2

 今日はもう10月の7日であるが、ここ2日ばかり少し数が減ったとはいえ我が家のアサガオは相変わらず精力的に咲いている。それを祝ってまた組み写真を1枚と、ちょっと風変わり?な実験をしたのでその写真1組を掲載しておきたい。
 人々は昔から野山の花を切り取り、それを水を入れた花瓶のようなものにさして身近に花を楽しむことを知っている。それを知らぬ人はほとんどいないが、ではつぼみを開かせることがどうしてできるのかはあまり考えたこともないというのがほんとうのところだろう。私自身もそうである。
ファイル 204-1.jpg ところが今年のいつだったか読売新聞にアサガオの開花についてチラリとあることが書かれていた。それは、花弁の細胞が持っているデンプンが分解されることによる「浸透圧」の変化が細胞の成長(伸長)に偏りを生じ、花弁が開くことになるというのである。実は、丁度その頃私は私が非常勤を務める看護学校で、看護師の卵に自然の法則としての「浸透圧」の大切さを教えていた時だった。
 本当のことを言えば、私たちは学校で多くの法則などを習い、試験があることもあってそれを覚えようとする。しかし、それが自然(私たちの身体の中のことも含めて)においてどのように働いているかを実感することは非常に少なく、学校で勉強したことが実感として私たちに根づくことがない。それは日本の学校教育の最も重大な欠陥のひとつと思われる。私自身が確かに根ずいていないと感じるからこそ自信を持って言える。
 そういう訳で、読売新聞に出たちょっとした一言が凄く私を揺さぶったのである。折しも私のベランダには沢山のアサガオが毎日咲いている。アサガオの花を簡単に室内で咲かせるにはどうしたらよいかを知ろうとネットで検索したところ、新潟大学の和田清俊教授のホームページに行き当たった(http://www.sc.niigata-u.ac.jp/biologyindex/wada/p21/p21-1-1.html )。そこには何と次のように書かれていた。「アサガオのつぼみは、つるが左巻きにらせんを描くのに対して、反対巻きの右巻きにねじれているが、このねじれがほどけるようにして開花する。開花前日のつぼみを切り取って、水にさしておいても、つぼみは正常に開く。このような性質のため、室内で開花の様子を観察することができる。」
ファイル 204-2.jpg このことから、葉っぱはなくともつぼみだけを水に挿しておくだけで開花するらしい。つまりはすべては水のあるなしということになる。そこで私はつぼみだけを切り取って水に挿し、開花することを確認しようとした。小さな瓶に剣山を置き、そこに水を入れてつぼみだけを挿したのである。ウェブサイトには簡単そうに書いてあったがやってみると意外に難しくて、何回かの失敗の後でうまく開花するようになった。ポイントは、前日の夕方の時間のようにまだ成長していると思われる段階でつぼみを切り出さず、あとは開花するだけという夜遅くに鋭利なカッターナイフでつぼみを切り出して剣山に挿すようにすることであった。そうすることで高い確率で開花を見ることができるようになった。その写真が2枚目の組写真である。
 左上の開花前のつぼみが開花したのが右上の花で、左上から2枚目のつぼみが開花したのが下の3枚の写真である。確かにこの段階に至っては水だけが問題らしい。こうして咲かせた花は卓上で楽しむことができてなかなか粋な感じでもある。
 実はここからが問題で、この開花が確かにデンプンが分解されて浸透圧に変化が生じ、それが開花につながっていると誰が証明しているかである。それがはっきりして初めてよく知られている浸透圧という科学的法則性が開花と言う現象の中に生きているということができるのである。先ほど挙げた和田教授に直接聞いてみたが、直接的なデータがあるかどうかは分からないとのことであった。
 こんな話に私がこだわっているには理由がある。私は特に決まっているわけではないが、ここ数年大阪大学の理学部に入学してくる学生を「理」(ことわり)の世界に招待する講義を依頼されることが多い。そこで今年はこれまでとは趣向を変え、これまでの看護学校での講義の経験を生かし、「浸透圧」という比較的よく知られた原理がいかに自然の中に息づいているかを幅広く調べて1回生に紹介し、好奇心を掻き立てたいと考えている。「浸透圧」なんて赤血球を水に入れれば破裂する、そのときに働いているくらいにしか思っていない学生に、その「浸透圧」を突き詰めてゆけば「生命(いのち)とは何か?」という重大な問題に突き当たると話したいのである。
 それにしてもアサガオの開花に本当に浸透圧が関係しているかを調べなければならない。和田教授は私にそのことを研究していると思われる研究者の名前をあげてくださった。これから直接問い合わせてそれについての実験データを聞かせてもらうつもりである。楽しみである。
 

ページ移動