エントリー

2011年11月の記事は以下のとおりです。

[簡易復元] 2011年3月、南紀白浜を訪ねる(2)白浜の海岸線を行く

  • 2011/11/03 14:00

 パンダのいるアドベンチャーランドを出て起伏にとんだ海岸線に向かった。まず三段壁と言われる場所に来たが、狭い入り江のようになっている両側に険しい高さ50メートルの壁が立ち上がっている。このような地形は約2キロにわたって続いているようである。三段壁と言う名前は昔漁師が沖を通る船や魚群を見張る場所であったことから「見壇」という言葉からその名になったと言われる。この壁の近くには36メートル下ったところに熊野水軍の隠し洞窟だったと言われる洞窟があり、エレベーターでそこまで降りられるようになっている。ただ、今回は時間の関係で降りることはできなかった。
 この場所から北にしばらく車を走らせると千畳敷と呼ばれる名所がある。そこは瀬戸崎から海に向かって突き出している大きな岩盤で、第三紀層の柔らかい砂岩から出来ていて、それが太平洋の荒波に浸食されて盤状の構造を創り出しており、その盤上には実に面白いさまざまな模様を創り出している。それらが2枚目および3枚目の写真である。なにかちょっとした絵画というか抽象画というか得も言われぬ趣のある“絵”である。それはそれとして、ここは柔らかい砂岩でできているので、沢山のたわいのない落書きがある。でも、それらはきっとその内に波に洗われて消えてゆくであろう。
 この日はこれでホテルに向かって走り、宿泊した。そして、十分に温泉を楽しませていただいた。たまたまふくらはぎを痛めていたので、少し熱めの温泉は患部にとても気持ち良く、治癒への引き金となった。翌朝早く、ホテルから海岸線を撮った写真が4枚目である。上に書いた三段壁に比べると千畳敷やこの写真に見るような白砂の砂浜はどうしてこうも違うのだろうかと不思議である。
 ちょっと頭を巡らせてみると、思い当たる節はある。それは中央構造線がこの間を東は関東から、西は九州まで東西に走っているような気がするからである。Wikipediaは中央構造線について次のように言う。
 「関東から九州へ、西南日本を縦断する大断層系。中央構造線を境に北側を西南日本内帯、南側を西南日本外帯と呼んで区別している。1885年にハインリッヒ・エドムント・ナウマンにより命名。一部は活断層である。構造線に直接接している岩石は、内帯側はジュラ紀の付加複合体が白亜紀に高温低圧型変成を受けた領家変成帯、外帯側は白亜紀に低温高圧型変成を受けた三波川変成帯である。領家変成帯には、白亜紀の花崗岩も大量に見られる。高温低圧型の領家変成帯と低温高圧型の三波川変成帯は、白亜紀の変成当時は離れて存在していたはずだが、中央構造線の活動により大きくずれ動いて接するようになった。」
 この話は甚だ厄介なことが書いてあって理解不能な部分があるが、要するに三段壁のあたりときれいな白砂の豊富な辺りはもともと別のものだったということなのかもしれないし、またはその辺りの活断層のために地形や岩石など様々なものが入り組んでいるのかもしれない。そんな安易なことを考えるのであるが、いかがなものであろうか。ちょっと頭を動かしてみただけなので、この話はこれ以上追及はしない。
 5枚目の写真は南方熊楠記念館に向かう途中にある有名は円月島である。海水で浸食された穴がぽっかりと空いていて、そこに沈む夕日は素晴らしいそうである。

[簡易復元] 2011年3月、南紀白浜を訪ねる(1)アドベンチャーランドのパンダ

  • 2011/11/03 10:41

(この記事のオリジナルは2011年3月5日に書かれたが、ファイルが失われたため新たに書き直す)

 私は5歳の時から三重県多気郡の山奥で育ったこともあり、紀伊半島の三重県側にはかなり詳しいが、半島西側の和歌山県については何も知らないと言っていいほどである。一度那智大社などを訪れたことはあるが、白浜はパスしたこともあり今回初めて白浜を訪ねることにした。
 朝早く車で出発し昼前には、まずパンダを見ようということになりアドベンチャーランドに到着した。アドベンチャーランドは1978年に設立され、動物園、水族館それに遊園地が一体となった全国でも珍しいテーマパークであり、きれいで起伏にとんだ海岸線、数多くの温泉と並んで和歌山県、そして白浜が期待する大きな集客施設である。ここで際立って目立つ存在は言うまでもなくパンダである。そのことについてWikipediaに尋ねると次に様に言う。
 「中国成都市の成都大熊猫繁育研究基地との協力で進められているジャイアントパンダの繁殖研究事業では、現在までに12頭の繁殖実績があり、うち11頭が無事に成長している。これは、出産頭数、成長した子供の数、ともに中国本土を除けば世界最多である。また、中国国内以外で、双子のジャイアントパンダを両方とも育てることに成功した初めての施設である(2010年9月7日に、アドベンチャーワールドと同じく、成都大熊猫繁育研究基地と提携しているスペインのマドリード動物園で双子のジャイアントパンダが生まれた。この2頭は2011年1月10日現在、無事に生育している)。
 日本では、2011年2月21日現在、上野動物園、王子動物園、アドベンチャーワールドを合わせて11頭のジャイアントパンダが飼育されているが、そのうち、実に8頭がアドベンチャーワールド内で飼育されている。中国本土以外の動物園で8頭も飼育されているのはここだけであり、世界一の規模である。 なお、アドベンチャーワールドは成都大熊猫繁育研究基地の日本支部の肩書きを持っており、現在飼育されているジャイアントパンダは、子供も含めてすべて中国の成都大熊猫繁育研究基地本部の所有である。」
 この業績は見事なもので、この施設が見世物としてのパンダの飼育にとどまらず繁殖という学術的にも重要な分野にも力を注いでいることがうかがえる。これに関連して、この施設は「AWS動物学院」という教育施設を備えており、野生動物管理学科(2年、30名)と野生動物短期科(1年、10名)で構成され、出身者はこの施設のみならず全国で活躍しているとされる。
 さて、水族館で皇帝ペンギンなどを見た後パンダ舎でパンダを見た。客側からも大変見やすくできており、また大変コンパクトで清潔な環境が保たれている感じがした。その可愛く愛くるしい写真をお見せしたい。1枚目はアドベンチャーランドの入り口で、2枚目の組み写真はこの施設で2008年9月13日に生まれた梅浜(メイヒン、雌)と永浜(エイヒン、雄)の双子である。3枚目と4枚目の組み写真は2010年8月11日にここで生まれた海浜(カイヒン、雄)と陽浜(ヨウヒン、雌)のやはり双子である。ここで生まれた子供にはすべて美しい砂浜の白良浜にちなんで「浜」が付けられている。なお、写真の中でどのパンダがどの名前であるかは全く定かではない。その可愛い姿をただお楽しみください。写真はすべてクリックで拡大できます。

[簡易復元] 2010年夏の祇園祭、宵々山を行く

  • 2011/11/01 21:57

(この記事のオリジナルは2010年7月に書かれたが、ファイルが失われたため新たに書き直す)

 大阪・高槻に移って20年以上になるがいまだ観たことがない祇園祭を、2010年7月15日宵々山の日に京都を訪れ仲間とともに楽しんだ。祇園祭は八坂神社のお祭りで、悪霊払いの行事であることは承知しているが、その詳しいいきさつはWikipediaに尋ねるしかない。Wikipediaは次のように言う。興味津々の記述であるので、かなり長いが引用させていただく。
 「祇園祭(ぎおんまつり)は、京都市東山区の八坂神社(祇園社)の祭礼である。京都の夏の風物詩で、7月1日から1か月間にわたって行われる長い祭であるが、そのなかでも「宵山」(7月14日〜16日)、「山鉾巡行」(7月17日)、「神輿渡御」(7月17日)などがハイライトとなっている。宵山、宵々山、宵々々山には旧家や老舗にて伝来の屏風などの宝物の披露も行われるため、屏風祭の異名がある。また、山鉾巡行ではさまざまな美術工芸品で装飾された重要有形民俗文化財の山鉾が公道を巡るため、動く美術館とも例えられる。
 京都三大祭り(他は上賀茂神社・下鴨神社の葵祭、平安神宮の時代祭)、さらに大阪の天神祭、東京の山王祭(あるいは神田祭)と並んで日本三大祭りの1つに数えられる。また、岐阜県高山市の高山祭、埼玉県秩父市の秩父夜祭と並んで日本三大曳山祭の1つに、前述の高山祭、滋賀県長浜市の長浜曳山祭と並んで日本三大山車祭の1つにも数えられるなど、日本を代表する祭である。」
 また、祇園祭の成り立ちについては、「疫病の流行により朝廷は863年(貞観5年)、神泉苑で初の御霊会(ごりょうえ)を行った。しかし、その後も疫病の流行が続いたために牛頭天王を祀り、御霊会を行って無病息災を祈念した。869年(貞観11年)、全国の国の数を表す66本の矛を卜部日良麿が立て、その矛に諸国の悪霊を移し宿らせることで諸国の穢れを祓い、神輿3基を送り薬師如来の化身・牛頭天王を祀り御霊会を執り行ったのがその起源であるという。祇園祭が生まれた直接の背景は、平安京がもともとが内陸の湿地であったために高温多湿の地域であったこと、建都による人口の集中、上下水道の不備(汚水と飲料水の混合)などにより、瘧(わらわやみ=マラリア)、裳瘡(天然痘)、咳病(インフルエンザ)、赤痢、麻疹などが大流行したこと。その原因が、先に大水害により挫折した長岡京遷都工事中に起きた藤原種継暗殺事件で無実を訴えながら亡くなった早良親王ら6人の怨霊の仕業との陰陽師らによる権威ある卜占があったこと、などである。さらに、1世紀後の970年(安和3年)からは毎年行うようになったとされる。これらの祭式は神仏混淆の儀式として成り立っていた。
 中世の一時期、八坂神社は北野天満宮と共に比叡山の支配下に置かれた時期があった。この時期、八坂神社は日吉神社の末社とされ、日吉神社の山王祭が行われない時に祇園祭が中止になったり延期になる原因となった。
 さらに室町時代に至り、四条室町を中心とする(旧)下京地区に商工業者(町衆)の自治組織両側町が成立すると、町ごとに風情を凝らした山鉾を作って巡行させるようになった。その後、応仁の乱での30年の中断や第二次世界大戦などでの中断はあるものの、現在でも続いており、1000年を超える歴史がある。なお、名称は明治維新による神仏分離令の影響で「祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)」より「祇園祭」と仏教色が排除されたものとなっている。
 室町時代以来、祇園祭のクライマックスは山鉾巡行であったが、現在ではいわば「巡行の前夜祭」である宵山に毎年40万人以上の人が集まり盛り上がりを見せるため、祇園祭といえば宵山を先に思い描く人も多い。
 ちなみに諺で時機を逃して用を成さないことを「後の祭り」というものがあるが、これは祇園祭の大一番である山鉾巡行・神幸祭神輿渡御が終わり、この後の祇園祭がたいしてメインとなるものがないことからこの諺が言われるようになったとされる。」
 これを読んでいると春日大社について書いたブログ(http://www.unique-runner.com/blog/index.php/view/84 )に出ているキーワード“神仏習合”“神仏分離”“廃仏毀釈”などの影響が祭りの形態、運営、名前などに強く出ていることが分かり興味深い。
 この祭りの最も特徴的なことは、京都の三大祭りの中で際立って庶民的なことであろうか。長い祭りの中で最もにぎわう14-16日には庶民が街にあふれ、無数の店が縁日のように立ち並び、そこで飲み物、食べ物を手に入れ、それを手に32基の山鉾の内お気に入りを見て歩くのである。私はそれが一番好きで、夕方辺りからぶらぶらしながら京都の路地裏を歩き回るのである。
 今回も、まあ一番の出し物であろう長刀鉾(1枚目写真)を見ながら烏丸方向に通り過ぎてから南に下り、室町通や新町通りを仲間とうろうろしながら飲み食いし、舩鉾(2枚目写真)などを見て回った。そして四条通を横切って新町通りを北に向かって歩いていく先を写したのが3枚目の写真である。その露店の先に移っているのは、多分北観音山であろう。松の形が特徴的である。それを楽しんでいたところ、突然雨が降り出した。思わずそばの民家の軒下に逃れてひょいと中を格子戸越しに眺めたところ、なんと鮮やかな山鉾(間違いなく北観音山であれば、鉾でなく山である)のミニチュアをその両脇に美しい屏風が飾られていた。思わず写真を撮ったのが4枚目の写真である。その鮮やかなこと!
 上のようなことを書くために山鉾のことを色々と調べ廻っていた時、なんと「ねこづらどき」というウェブサイトにほとんど同じ構図の写真が出ていたのである。そこには次のように書かれていた。「その風情の一つが北観音山の近くにある、藤井紋さんの屏風祭です。宵山ではそこかしこで屏風祭が開かれていますが、中でもここが一番見応えがありました。外から少し覗かせてもらっただけですが、豪華な屏風がずらりと並んだ様はなかなかの壮観ですよ。それに奥の方では町内会らしき人達が座敷に集まっている様子が垣間見え、昔ながらの祇園祭の夜の過ごし方がそのまま残っている様な気がして興味深かったです(http://naokun.cocolog-nifty.com/nekozura/2009/07/post-3e7d.html )。」
 私の写真には奥の座敷に人は座ってはいないが、それ以外は全く同じ構図で、このようなものを屏風祭と言うのだと分かりました。そうゆうつもりでいろいろと調べてみると、素晴らしいものがあちらこちらの旧家や老舗にあって、祇園祭の時にだけそれを見せてくれるらしい。是非、次の機会にはそれを目当てに歩いてみたい気分である。
 突然の大雨に気勢をそがれて錦小路に逃げ込み、阪急で高槻に戻り、駅前で一杯飲んで終わりとしました。5枚目の写真は翌日の山鉾巡行のテレビ中継で、四条河原町交差点を「辻回し」している山鉾の画像を撮ったものである。

ページ移動

ユーティリティ

<<<2011年11月>>>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed