エントリー

沖縄「慰霊の日」と直木賞受賞作品「宝島」との間で

  • 2019/07/20 14:34

 私の中で学生時代からくすぶり続ける沖縄問題。なにかをしなければと思いつつ何もできないもどかしい長い年月が続いてきた。だからと言ってここに何かができると書くわけでもない、相変わらず何もできないことに変わりはない。でも、なにかを書いておきたい。そんな気持ちにさせてくれた偶然に出会いを機に少しだけ書かせていただく。

 今年の3月23日、東京で毎年の出身高校(三重県)同級生の集まる同窓会があった。少しずつだが参加者が減りながら、80歳に届こうとする仲間たちは皆さんそれなりに元気で楽しい近況報告をしながらお酒と美味しい食べ物をいただきながら楽しい時間を過ごすことができた。その会の後半のこと。主催者から思いがけない報告があった。それは今年の直木賞受賞作品の「宝島」(真藤順杖著、講談社)の作者がこの同窓会に参加されておられる方の息子さんだというのである。おまけにその方は私の隣に座っておられたご婦人だったのである。しかも主催者は、その受賞作品の本が一冊あるのでそれを後で欲しい人に抽選で差し上げるというのである。
 私は偶然にその本が受賞した日のテレビニュースで簡単ではあるがその本について紹介された内容を聞き、ぜひ読んでみたいと思いながらあまり小説を読む習慣がないことから二の足を踏むことになっていた。しかし、同窓会会場での10回以上か20回以上かと思われた抽選(ジャンケン)でなんと一度も負けることなくジャンケンを制してその分厚い、細かい活字で541ページの恐ろしい長編小説を手に入れることになった(1枚目の写真)。そして、帯に書かれている次のような文章が私をひきつけた。「沖縄の米軍基地から物資を盗み出す”戦果アギヤー”は年端もいかない少年少女たち。『生還こそがいちばんの戦果』と言っていたリーダーがある夜、突然消えた。日本のいちばん熱い青春時代がここにある。」、「基地から持ち出された”予定外の戦果”と”英雄の行方”奪われた沖縄(ふるさと)を取り戻すため、少年少女たちは立ち上がる。」
 これまで三度沖縄を旅した私にとっても、沖縄語(方言)を駆使したこの小説を読みこなすのは並大抵ではなく、1か月半かけても半分も読むことは難しかった。それでも、この読書を通じてあの沖縄の人々の4人に1人が亡くなられ、沖縄全体が焦土と化した沖縄戦の悲しさとその後の米軍統治による悲惨な現実、特に米軍人・軍属による生き残った人々に対する悲惨な事件や数々の飛行機事故などに対する憎しみを理解するのは難しいことではなかった。まるでこの小説はこれらの過程のドキュメンタリーテレビを見せてくれているような感じであった。
 ちょうど「宝島」を読み進んでいた6月23日、恒例の「慰霊の日」(沖縄全戦没者追悼式)が沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和記念公園で執り行われた。そして幸いにも私はそこでの玉城デニー沖縄県知事の「平和宣言」と安倍首相の来賓あいさつ、それに小学6年生の山内玲奈さんの「平和の詩」をラジオで聞くことができた。そこで最も感動したのは山内さんの詩の朗読であったが、最も違和感を感じたのが安倍首相のあいさつ、そして最も足を地につけて問題点を指摘したのが玉城デニー知事の平和宣言であったように思う。それはまだ終盤に差し掛かってはいなかったが「宝島」を読み進めていたことと関係があった。

 翌日6月24日の読売新聞朝刊を見て驚いた(2、3枚目の写真)。なぜか一面には「慰霊の日」の記事はなく、2面に2枚目の写真のような記事、そして3ページに社説があった(3枚目の写真)。その2枚目の記事には安倍首相が沖縄の基地負担の軽減を述べたこと、また玉城デニー知事は「普天間飛行場の一日も早い除去と、辺野古移設断念を(政府に)強く求める」と述べたと伝えている。しかし社説において読売新聞は、玉城氏は、辺野古移設妨害よりも県民の暮らしの向上に、政府と協力して沖縄の未来を見据えた政策を進めることが求められると、主張している。
 このような新聞記事は私に強い違和感を抱かせた。というのは、私は「慰霊の日」の玉城デニー知事の「平和宣言」を聞いていたからである。玉城氏がほぼ冒頭に語ったのは沖縄県民が日常的に感じ続けている生命への不安についてであり、それに関して必須だと主張している日米地位協定の見直し要求部分が全く触れられていないからである。そこで知事のその平和宣言全文の最初の部分を琉球新報から引用させていただく(https://ryukyushimpo.jp/movie/entry-941524.html )。

  「復帰から47年の間、県民は、絶え間なく続いている米軍基地に起因する事件・事故、騒音等の環境問題など過重な基地負担による生命の不安を強いられています。今年4月には、在沖米海兵隊所属の米海軍兵による悲しく痛ましい事件が発生しました。
 県民の願いである米軍基地の整理縮小を図るとともに県民生活に大きな影響を及ぼしている日米地位協定の見直しは、日米両政府が責任を持って対処すべき重要な課題です。
 国民の皆様には、米軍基地の問題は、沖縄だけの問題ではなく、我が国の外交や安全保障、人権、環境保護など日本国民全体が自ら当事者であるとの認識を持っていただきたいと願っています。
 我が県においては、日米地位協定の見直し及び基地の整理縮小が問われた1996年の県民投票から23年を経過して、今年2月、辺野古埋立ての賛否を問う県民投票が実施されました。
 その結果、圧倒的多数の県民が辺野古埋立てに反対していることが、明確に示されました。
 それにもかかわらず、県民投票の結果を無視して工事を強行する政府の対応は、民主主義の正当な手続きを経て導き出された民意を尊重せず、なおかつ地方自治をも蔑ろ(ないがしろ)にするものであります。」

 つまりここで述べられていることは、米軍人・軍属による度重なる事件で県民は日常的に強い不安を感じており、沖縄返還を経てもなお沖縄県側が有効な捜査や裁判をおこなうことが許されていないことから、日米両政府が責任を持って見直すべきことではないか、との知事の強い要求であると私は感じました。つまり、日本政府は沖縄県民が日常的に強く感じている、”沖縄返還は全くの偽の本土並み返還”だとの県民の実感を全く理解できていないということである。

 このように私が強く感じるのは、「宝島」を読み終わったいまも同様に、この全編にわたって米軍人・軍属と沖縄県民との厳しい戦い、それが沖縄の日常茶飯事であり、残念ながら沖縄県民の強い怒りの対象であることで表現されている。もちろん、このようなことだけが直木賞受賞作品「宝島」のメッセージではない。拙速な私の判断としては、「命」の尊厳、「命」のつながりなどのことは宗教的な語りをも通じて表現され、戦果アギヤーの戦果の最たるものは「生還こそがいちばんの戦果」という言葉に尽きるのであろう。これが「宝島」を通して作者が主張したいことではなかっただろうか。しかし、これっぽちのことしか言えないのは、あの膨大な執筆という作業を考えると作者に申し訳ない気持である。
 それにしてもここに紹介した新聞報道に深い違和感を感じると同時に、この「宝島」が直木賞受賞に決まった夜のニュース番組で、いわゆるニュース番組「zero」がこの受賞決定を一顧だにしなかったことを知り、驚愕した。しかしそれよりも、年端もいかない少年少女が当時の沖縄の状況に怒り狂い、戦果アギヤーに身を投じる状況であったことを、私自身がこれまで知る由もなかったことはもっと悲しい現実である。
 なお、写真はクリックで拡大してご覧ください。

小石川後楽園と東京ドームを訪れる

  • 2019/06/19 17:22

 野球好きの私としてはいまだ観戦に訪れたことのない東京ドームに行かなければ、いつまでもお上りさんのままである。息子にお願いしてチケットを手配してもらい、6月8日の今年の交流戦の初カード巨人vsロッテ戦を観戦できることになった。でも、せっかくドームまで行くのであればその場所に同居するようにある小石川後楽園を訪れていま最盛期の花菖蒲を見たいと言うことになり、朝の10時に中央林間を出ることになった。永田町で南北線に乗り換え、およそ1時間で後楽園に到着した。

 東京ドームの前身は言うまでもなく後楽園球場である。ではなぜ国の特別名勝・特別名跡である都立公園は「後楽園」ではなく「小石川後楽園」なのか。そのあたりにことをWikipediaに訊いてみた(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%BE%8C%E6%A5%BD%E5%9C%92 )。それによれば成り立ちは「小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)は、東京都文京区後楽一丁目にある都立庭園。江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。(中略)1629年(寛永6年)、水戸徳川家水戸藩初代藩主・徳川頼房が作庭家・徳大寺左兵衛に命じて築いた庭園を、嫡子の光圀が改修、明の遺臣朱舜水(朱之瑜)の選名によって「後楽園」と命名して完成させた。出典は『岳陽桜記』の「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」によっており、岡山市にある後楽園と全く同じである。(中略)1923年(大正12年)3月7日、国の史跡および名勝に指定された。指定の際、岡山市の後楽園と区別するため「小石川」を冠した。」言うなれば小石川と言う地域名を付し、中国的、儒教的な趣好が濃厚で、水戸黄門ゆかりの小石川後楽園である。
 訪れて分かったが、東京ドームや後楽園遊園地と隣接しているにも関わらず、六義園同様静かで落ち着いた美しい庭園である(http://www.unique-runner.com/blog/index.php/entry?word=%E5%85%AD%E7%BE%A9%E5%9C%92 )。この時期梅雨に濡れた緑が美しいが、私に珍しかったのは小廬山(しょうろさん)と呼ばれている小さな山で、黄色い変わった名前のオカメザサに覆われ、まわりの緑と緩やかなコントラストを感じさせて美しかった(1枚目の写真)。いまは多彩な花はそれほど見当たらないが、奥に入ってゆくと本当にいまが見頃の花菖蒲が満開であった(2枚目の組写真)。花が密集しているわけでもなく、ほどほどの間隔できれいに咲いているのは観ていて気持ちよく感じられた。また家光公がしばしば休んだと言われる屏風のような屏風岩、また琵琶湖の松に由来すると言われる見事な一の松など印象的であった(3枚目の組写真)。最後にキッチンカーで売られていた三福団子をおなかに入れて一休みし、東京ドームに向かった。

 東京ドームには、確か第一回の東京マラソンの抽選に当たり、そのゼッケン受け取り会場であったために訪れたように記憶している。ひょっとして第3回目にも当選したのでその時だったのかもしれないが、いずれにせよ当時のドームの周囲の様子とは全く変わっているのにはびっくりした。以前はドームの周りにはかなりのスペースの余裕があったように思うが、今回小石川後楽園から歩いてドームに至るまでのスペースはすべて商業施設だと思われる大小のビルに取り囲まれている感じであった。その雰囲気が分かるのは4枚目の写真である。私には詳しいことは分からないが、ドームは少し高台にあり、ドーム内のグランドレベルはかなり低い位置にある、そんな感じである。
 ドームの中に入ってみると観客席に入る前の通路は非常に広く、その通路にそって沢山の店、特に食べ物や飲み物を売る店が整然と並んでいて混雑した感じが全くないのが意外であった当日も確か4万人を超える観客がいたはずであるが、雑然とした感じはなく、私がよく通った甲子園球場とは雰囲気が全然違っていて意外であった。私は最近の新しい球場をほとんど見ていないので、その意味では私の感覚は古いのかもしれない。
 さて、巨人vs.ロッテの交流戦は午後2時に始まった。私たちが座っていた席は5枚目の組写真からお分かりになると思うが非常に見やすい位置で、最後の組写真は、そこからの先発投手の表示が出た電光掲示板(右下)、1点リードで新鋭の中川投手を投入して逃げ切りを図った巨人をロッテ打線が巻き返しを図り、2番鈴木選手の逆転2塁打などで(左上の写真)一挙4点をとってひっくり返した時のスコアボードの写真が左下、そしてそれに対して9回裏若手の岡本選手のライトへのツーランホームランで1点差まで追い上げたが(右上の写真)、巨人はそこで万事休した。試合時間はほぼ3時間半と長かったが、しかし緊迫感のあるなかなかの好試合で十分に東京ドームでの野球観戦を堪能することができた。
 東京ドームの次は横浜スタジアム(ハマスタ)でのプロ野球の観戦も悪くない。実はハマスタには2年ほど前に高校野球夏の神奈川県予選の決勝戦を観戦に出かけたことがある。あと半月もすると全国で高校野球の予選が始まる。私は毎年のように近くの大和球場や淵野辺球場に自転車で出かけて観戦している。今年もまたそれを楽しめる夏が来るかと思うとうれしい。

平成から令和へ

  • 2019/05/15 16:12

 平成の後の元号が令和と決まった後、4月30日に明仁天皇陛下が退位され、5月1日に皇太子徳仁親王殿下が天皇に即位された(1枚目の読売新聞の写真)。素直に言えば新しい令和の時代が始まったのである。今回の退位と即位、元号の制定などをめぐってマスコミをはじめとして日本中が大いに盛り上がったといっても差し支えはないであろう。この間10連休の設定などを見るとこれを必死に盛り上げようとする、ある種の意図的なものを感じるといっても過言ではなさそうである。
 私が5歳の時朝鮮・仁川から引き揚げ、三重県の田舎で山野を駆け巡っていた頃あの太平洋戦争は終わった。そしてその後今まで太平洋戦争の経緯と責任が国民の多くが納得できる形で明らかにされたとは誰しも思っていない。そのことが今回の退位・即位・元号制定の過程の底流に密かに流れていたのであろうが、それを隠すかのように繰り広げられた祝賀ムードがあったように私には思える。それほどその辺りの問題は表に出てこない。そして多くの国民にとっては、この30年間新しい象徴天皇として最善の努力を払ってこられたであろう天皇・皇后両陛下に対して、穏やかにこの時期を過ごしていただきたいとの気持ちが祝賀ムードに拍車をかけたようにも思える。

 いろいろと私の中で想いがめぐっていたある日、思わぬ場所、つまりお世話になっているさとう治療院の待合室で、4月16日付の「神奈川新聞」に二つの興味深い記事を見つけた。それが2枚目の写真である。二つの記事は異なる切り口からの貴重な主張で、分かりやすいように3枚目の写真にしたのは、「かって司法修習を終えながらも裁判官への任官を拒否され、現在は大坂で塾講師を務める神坂直樹さん」の主張である。また、4枚目の写真に切り分けたのは「天皇の公的活動 制限を」を主張する一橋大名誉教授渡辺治氏の記事である。この記事を皆さんに紹介するとともに少し議論の対象とするのがこのブログの目的である。
 最初の裁判官への任官拒否問題は、判決文などへの西暦使用にあったとされているが、元号使用が慣習でしかなかったにもかかわらずそれを理由に任官拒否するとは言語道断であろう。最高裁が明確な理由を開示することなく任官を拒否したことは権力の乱用であって、まさに暴力的である。元号使用に行政府が様々な公的書類でこだわるだけでなく、司法府までがそれにこだわるとすれば、やはりこの国での統治において天皇制は、形だけの“象徴”として存在するだけではなく、実質的な権力構造のひとつとして密かに生き続けていることを証明しているように感じる。元号使用は、天皇制を無意識的から意識的へと積極的に容認させるための踏み絵である。神坂氏が「みんなが受け入れているかのような演出は戦前以上ではないか。元号に順化されてきた日本の在り方をもっと相対化した方が良い。」と主張されるのももっともだと私は受け入れる。
 もう一つの渡辺治氏の主張は、現憲法の中に民主的選出によらない象徴天皇制と民主主義という異質なものが混在していて、天皇を象徴として政治的に切り離したにもかかわらず現実にはそうなっていないと警告していることにある。それは天皇統治の明治から昭和の時代にアジア全体で二千万人ともいわれる死者を出した戦争を引き起こしてしまったことの反省に基づき、天皇を象徴として内閣の助言と承認の下での国事行為のみに限定し、政治的活動を制限したにもかかわらずそうなっていないとの強い主張である。こう主張する根拠は、天皇の行為は様々な形で報道され、表面的には政治家自身の活動より広く国民に受け入れられ、愛されているように見えることからだと思われる。
 いまそのように天皇の行動が国民の側から見て肯定的に見えているのは、相対的に政権与党や野党の在り様が残念ながら国民の側にあるようには見えていないことが大きいと思われる。大きな予算を使って国民に諂うような行動に見えることの多い政治家から見ると、象徴としての在り方を自ら苦心の上編み出して国民の心をつかんだ平成天皇の存在が自分たちより上の存在に見えてきてしまっているのではないか、と私には感じられる。
 もともと現憲法には、民主的選出によらない天皇制と民主主義が同居するという矛盾を内包していると渡辺氏も指摘している。だからこそ、平成天皇自身は新たな象徴天皇を模索したと言う。そしてその天皇のどの活動を渡辺氏が批判の対象としているのかが私には理解できない。もともと矛盾を内包しているのだから、それはお互いの知恵で乗り越えなければならないものだと思う。そこにこそ国民の知恵が試される道がある。渡辺氏は、平成天皇が生み出した問題は、「天皇という権威に依存することで、国民が主権者としての責任と自覚をあいまいにし、問題解決を回避し続けることだ。戦争責任の問題、戦争しない国をつくる課題、原発や沖縄の基地問題は、国民自身が解決すべきである。」と述べているように見える。でも、私から見れば、上にあげられている国民が解決しなければならない問題などは過去何度も提起され、政治問題として過激な議論がなされてきたのではなかったか。そしてそれをダメにしたのは、国民ではなくむしろ逃げ回った政治家やもしくは軍部の上層部ではなかったのかと強く思う。例えば、戦争責任の問題で言えば、その責任を問われて処刑されたのは、大半が現地(戦地)で処刑されたB級戦犯とC級戦犯の948人で(半藤一利著『昭和史』平凡社)、東京裁判で処刑されたのはA級戦犯の内わずか7人でしかなかった。これは国民の戦争責任解明への意欲をないがしろにした例のひとつであろう。
 それはともかく、新たに即位された天皇が如何に象徴としての地位を体現されるかは国民も見つめていかなければならないのは当然であろう。だからと言って天皇の公的活動を制限するという主張には私は反対である。むしろ、新たな公的活動を通じて徳仁天皇が新たな象徴像を築きあげられることを期待したい。天皇は象徴であるといえども人間としての基本的人権を持っているはずで、口を封じるなどあってはならないと私は思う。

 なお、2枚目の写真の質が悪いのでその代り3枚目と4枚目をお読みいただければ幸いである。

ユーティリティ

<<<2019年10月>>>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed