エントリー

極寒の平昌で闘うアスリートに、厳しい寒中でも花開く美しい蝋梅の花を贈ろう(1)

  • 2018/02/20 17:30

 極寒の韓国・平昌(PyeongChang)で開かれている冬季オリンピックは白熱しつつ終盤に向かっている。この大会は様々な意味でにぎやかである。その最たることは、つい一か月前までは考えられなかった北朝鮮の参加であり、しかもアイスホッケーで韓国との合同チームが結成されたことである。これには韓国内でも相当の反対があるにもかかわらず強行されたことで後味の悪さが否めない。さらには北朝鮮の芸術団や美女応援団の訪韓などゲームが始まる前から喧噪著しい大会であった。
 しかも、屋外の会場では気温が低く風も吹き荒れ、テレビ放送との関係からか夜間にジャンプ競技などが行われなど、きわめて厳しい条件下でのゲームが繰り広げられた。そのような様々な問題にもかかわらず、ジャンプ競技とりわけ女子のジャンプ競技には前回のソチ五輪で予想外のメダルなしに終わった高梨沙羅選手に大きな期待がかけられ、また切り札のフィギュアの羽生選手の大きな怪我で連覇が危ぶまれ、またスピードスケートの小平選手や高木美帆選手らへの大きな期待がかけられるなどいつものように話題沸騰であった。
 とにかくオリンピックに興味を持つ日本人が一番メダルを取ってほしいと願っていた選手はやはり高梨選手だったのは間違いないであろう。あれだけ練習もし、女子ジャンプ競技の世界を2010年頃からけん引し続けてきたことは誰しも知るところだったからである。その高梨選手は厳しい条件の中見事銅メダルを獲得した。全く説明を必要としないであろう、それが1枚目の写真である(写真はテレビ画面から。これ以降の写真はすべて読売新聞のものである)。高梨選手の活躍と相前後してメダルラッシュが始まった(2枚目の写真)。モーグル男子の伏兵であった原選手、またそれぞれ有力選手であったスケートボードハーフパイプの平野選手、またノルディック複合の渡部暁斗選手などが相次いでメダリストとなった。
 そうこうする内に韓国入りしていたフィギュアスケートの羽生選手や宇野選手らの活躍が始まった。誰しもが驚いたのは2か月間も氷の上での練習ができなかった羽生選手の圧倒的なパフォーマンスであった。その結果、66年ぶりと言われる連覇を達成し、銀メダルには若い宇野選手が輝き層の厚さを見せつけた。それが3枚目の写真である。
 4枚目の写真は、絶対の力を誇ると言われて期待されていたスピードスケート女子の小平選手と高木選手の活躍である。高木選手は3000m、1500m、1000目で活躍し(団体追い抜きパシュートはこれから)、小平選手は1000mと500mに焦点を合わせてきた。詳しい説明は全く必要ないと思うが、高木選手は銀と銅を、小平選手は金と銅をそれぞれ獲得した。
 これらスピードスケートのレースの中で特筆すべきことは、500mで三連覇を狙っていた韓国の氷帝と言われていた李相花(イ・サンファ)とそれを阻止して優勝した小平選手との温かい友情のシーンが自然な動きとして見られたことであった。それは写真でもお分かりになるであろうからあえて説明はしない。しかし、それ以上に私がうれしかったのは、レースを終わった直後の小平選手が、彼女の活躍に騒然としていた観客席に向かって指を唇に当てて“静かに”との合図を二度三度と送ったことであった。まだ2組・4人のレースが残っており、その騒ぎがレースに影響するのを気遣ったのであろう。我が国の高校生を含めたアスリートにも是非見ておいてほしいシーンであった。

 5枚目には、そのような美しい、相手を尊敬する心の持ち主たちに、そして世界から集まったアスリートたちに、ほのぼのとした、半透明で厚めの黄色い花びらの花を咲かせる蝋梅(ろうばい、大和市・宇都宮記念公園)の写真を贈りたい。これからも国境を越えての素晴らしいアスリートの交流を見せていただけるのを楽しみにしている。なぜなら、それこそが5大陸のリングを象徴とするオリンピックが求める本筋であるはずだからである。

寒いっ!、いや凄く冷たいっ!、南岸低気圧と大寒波のダブルパンチ!

  • 2018/01/29 17:27

 昨年暮れから今年にかけて日本列島は気温が低い。関東に住む我々にパンチをかましたのは、1週間も前から的確に予報されていた南岸低気圧だった。それにはただただ参ったというほかなかった。1月22日午前10時前後から降り始めた大雪はあっという間に車が往来する道路もうっすらと化粧し、午後には車の数も極端に減ってしまう事態となった。そんな有様をただ記録しておこうというのがこのブログである。

 1枚目の組み写真は私の部屋の窓から見た夕方の北側の写真で、幼稚園や学校のグランドは瞬く間にしっかりと雪が積もってしまった。大粒の牡丹雪が降っているさまがよくお分かりになると思われる。2枚目の写真は南側の写真で、もう10cmほども積もってしまっている。3枚目の写真は夕方6時ころのベランダの風景である。プランターや鉢植えの花が雪まみれである。ただそれだけの話だが、こうして降った大雪はその日以降の首都圏の交通網を遮断してしまった。どれほどの雪だったかと言えば東京23区でも21センチ、横浜市18センチ、大和市の東北に位置する相模原市は確か30センチ以上降ったと思われる。狭いところに高速道路を作った首都圏では、高架になっているのでそう簡単に自力で雪が解けるべくもない。首都高速が全線開通するのに4日以上かかったはずである。私たちも大雪の翌日には慣れない雪かきをしたが、疲れた。大雪にいつも見舞われる地域の方々の苦労がわかろうというものである。

 今回の問題はその後の低温で、首都圏と言われるところは軒並み北極寒波の南下で凍りつくような毎日でこのあたりでも今日を除いて滅多に5度以上にはならない。そのため、学校のグランド、道路脇、駐車場の横にはいまだに行き場のない雪の塊が寝そべっている。私は来週4日にハーフマラソンを走ることになっているので大雪以来もトレーニングで外を走っている。先ほども走ってきたが、この地方に張り巡らされている緑道緑地にはいまだに雪がたくさん残っている。このような緑道は幅がおよそ2~3メートルなので、かき分けた雪を脇に積んであると走れるところは狭い幅しか残っていない。先ほども恐る恐る走ってきたが、そろそろなんとかして雪が解けてもらいたいものである。
 でも、文句を言ってみても始まらない。幸い、うれしいこともある。私のマンションの高い踊り場から西を向けば澄み切った空気のせいで富士山がきれいに見える。最初に見えた時(http://www.unique-runner.com/blog/index.php/view/258 )から何度も写真を載せてきた。でも、これまで富士山の手前に位置する丹沢山系が雪化粧したことはないが、今回は富士山ともども雪化粧してなかなかの景色である。これが大雪の置き土産である。それを楽しむことにしよう。でも、今週の木曜日(三日後)にはまた南岸低気圧が通るという予報がある。これだけは何とかして避けてもらいたいとは思うが、これも自然のなせる技なのであきらめるしかないか。それが来て大雪でも降らしてしまえば、日曜日はコースが凍ってしまいそうだ。

追記:今日1月29日の報道によれば、東京の最高積雪は23センチで、それが消えるまでに6日と13時間かかったそうである。それはこれまでで最長で、いかに寒気が強かったかを示している。
追記2:今回の大雪の後、横浜市鶴見区に住む友人が黄昏時の幻想的な富士山の写真を送ってくれた。それが5枚目の素晴らしい写真で大いに感謝したい。
追記3:横浜市鶴見区に住む友人から再度素晴らしい写真が送られてきましたので、5枚目の写真を組み写真としました(2017/02/09)。

ノーベル賞受賞者も聖人ではない?!

  • 2018/01/25 17:47

 2017年年末の12月22日の読売新聞に興味深い記事があった。それが写真の記事で、見出しは「湯川博士『原爆研究』記す」である。私がその記事を興味深いと言いながら今までここで記事にしなかったのは、それをどんな記事で読売新聞はフォローするのだろうと考えていたからである。でも、私の知る限りなにも出てはこなかった。なぜ何も出てこなかったのだろうかと考えると様々なことが頭に浮かんでくる。やはり誰もあまり大事にはしたくないのだなと感じている。
 とにかく、なぜ今そのこと、つまり湯川博士が原爆研究に関与していたことが出てきたのだろうか不思議である。読売新聞の記事にあるように京都大学基礎物理学研究所のホームページに入って1945年の博士の日記を少し読んでみたが何もわからなかった。ただ、年末にその記事が出た背景については、その日記が11月に明らかにされ、その反響が多かったので12月21日に同研究所で記者発表が行われ、それが記事になったのだという。
 でも、なぜもっと早くそのことが公にならなかったかの答えにはならない。それを考えていると当時の軍国主義の強い圧力と、世界で最初の原子爆弾の被害国になったという重い責任、それに私が持っていたイメージと違う湯川秀樹博士その人の姿が見えてくるような気がする。まずは敗戦間近の軍部の圧力は強烈で、巻き返しを狙って原子爆弾開発につながる研究から逃げることは許されなかったと容易に推察できる。また敗戦後のわずか4年の1949年にノーベル物理学賞を受賞したことも原爆開発に関与したことを明らかにすることが難しくなった理由の一つだと思われる。しかも世界最初の原爆被害国になっていたことも原爆研究に関与したことを明らかにすることの妨げになったのではないだろうか。もう一つあるような気がしている。それは、そのことを明らかにしない方がノーベル賞受賞者の品位を高めることができるとの取り巻きの思い込みがあったと考えても不思議はないであろう。
 でも、私が最も興味を覚えるのは博士の弱さというか市井の人としての博士の存在である。私は博士の風貌、ふるまいなどなどから清廉潔白、まるで聖人のように思い込んでいた節がある。しかし、私が人を見て素晴らしい、あるいは尊敬できると思うのは、その時代に生きる普通の人が何かをやり遂げることである。私は聖人はすごいと思いながらしかし興味がない。そんな人からは学ぶことは何もないように思えるからである。湯川博士が公には一切原爆研究への関与を表明しなかったことは、上に想像するようにネガティブな反応を避けるつもりではなかったかと思われる。要するに、いま考えるに、湯川博士は普通の市井の人だったということである。なぜかこれまでの湯川像は、最初のノーベル賞受賞者であることから彼を聖人に仕立て上げ過ぎているのではないかと感じている。今回の日記公開に関係し、湯川博士とも親交のあった慶応大学名誉教授の小沼通二氏は彼について「当時の湯川博士は、国民として国に貢献するのは当たり前だという考え方を持っていたのだろう」と指摘している。
 我々はすべて様々な圧力や難しい状況の中で生きている。それに打ち勝ってなにがしかの仕事をするには、自分に対峙するものの分析やそれに打ち克てる自分自身の構築、つまりは弱点の克服で成長しなければならないし、それはまた生きている間続くと覚悟しなければならない。それにヒントを与えてくれるのは私たちと同じ市井の人の振る舞いであろう。今回のことを通して新しい湯川博士を知ってほっとする私もいるが、でもそれはチョット違うのではないかと思う自分もいる。まだ希望はある。しかし、これを書いている私の後ろのテレビでは、やってはいけないとさんざん言われている「引き技」を使ってしまって負けてしまう横綱や三役力士が次々と現れるのが目撃される。それほど自分に打ち克つことは難しいとつくづく思う。だから今回の新聞記事は、私には興味深くかつ貴重である。

ユーティリティ

<<<2018年04月>>>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed