エントリー

大根はすごく曲がって育っても、でも美味しいよ。

  • 2018/01/05 20:25

 今年のダイコン栽培は面白かった。試してみたことは、間引きの回数などを減らして畝一つに育てる大根の数をいつもの年と比べておよそ倍くらいにしてみました。もちろんこれは手を抜いたという側面もあるのですが、でもどうなるだろうという興味はありました。

 その結果にはびっくりしました。ひとつは、密集していたにもかかわらず非常によく育ったことと、味にはほとんど影響がなくすごくおいしかったのです。しかも育った大根の数がすごく多いので存分に大根を料理に使うことができました。しかし一番驚いたのは、大根が非常に曲がったことでした。その写真は1枚目の組み写真です。広い畝を作って育てたのですが、どこでも曲がりますが、畝の外側部分のものが曲がり方が大きいように思います。抜いた曲がった大根の写真を2枚目の組み写真に載せてあります。

 大根が曲がる原因については“ダイコン栽培.com”というサイトに良く書かれた文章があります。その原因は土の問題、栄養が過多の場合、そして土寄せが不十分で風などの影響をうけて倒れこんで曲がるということなどがあると説明されている。私たちの場合に考えられることは、葉を含めて育ちすぎと土寄せが不十分で、その結果土から出ている部分が大きくなり、上の部分が不安定になって曲がる原因になった可能性が大と思われます。さらに、それに密集した葉による押す力が加わって曲がることにつながるのであろうか。面白い現象である。

 植物の成長は大変面白い。私はかって大阪・高槻市の官舎に住んでいました。官舎の周りの畑や木や花を植えてあった場所は誰も管理していなかったので私が世話をしていました。春から夏にかけて多くの水仙が芽を出し花を咲かせようと頑張ります。しかし同時にそのまわりの草も元気よく伸びてきます。私は花がよく見えるようにと周りの草を鎌で刈り取って満足していたのですが、刈った後たしか数時間後には楽しみにしていた水仙は全部ばったりと倒れてしまっていました。こんなことを何度か経験しました。友人の生物学者に聞いてみますと、それは当たり前のことで植物は余計なエネルギーを使わないようにして生きているとのことでした。そんなことを知らない私は何度も同じ過ちを繰り返しました。もしもきれいな水仙だけを楽しみたいのなら、大きくなる前からまわりの草をきれいに刈り取っておくことが大事なんですね。

 だから大根も同じ理屈で生きていて、株間を狭くして育てればお互いにエネルギーを依存しあいながら大きくなり、風やなんかの影響で、あるいはお互いの育ちに変化が出て押し合う、あるいは寄り添いあう力関係が違って来れば倒れるなどして大根が曲がって育つことになるんでしょうか。生き物というのは面白い、しかし当たり前の生き方をしているのですね。あたりまえの生き方をしているから、だからやっぱりおいしいのかな? このように狭い株間で育てると曲がるけどすごく沢山のダイコンを同じ面積の畑で育てることができるのはなんともうれしい。すごく勉強になりました。

追記:昨夜、このブログを書き終え次のブログの準備を終えて布団に入って約1時間後の0:54、突然強い地震に起こされてしまった。テレビによれば大和市は最大震度4の仲間に入っていた。その後はなかなか寝付けず悶々としているうちに、書き終えて公開してあるブログに書き加えることがあると気付きそれを考えていたらまた眠れずの連続で朝になってしまった。付け加えておこうと思ったのは次のこと。

 「生き物は一般に寄り添って生きている。植物は「群生」し、動物は「群れ」る。それは基本的には上に書いた原理に基づいているのであろう。でも、それはいつの日か壊れて新しく作り変えられる。それは様々なレベルでの進化・深化というのであろうか。このように長い時間をかけて自然に起こることでは整理整頓されたものから乱雑なものへ変化してゆく。これを先人は『エントロピー増大の法則』と言った。私はかって若い学生さんによく『エントロピー・・・』の話をしたが、今年の年賀状に、そのことを忘れていなくてその話を子供にしたというかっての学生、いまのお母さんからのうれしい便りがあった。私はマラソンを走るが、風の強い日、あるいはみんなに引っ張ってもらいたいと思うときは自然に集団の中か誰かの後ろについて走る。でも、いつしかそのリズムに苛立ったり、あるいは抜け出したいと思うとその集団との関係は崩壊する。やはりここでも生き物のやることは一緒である。それが自然なのであろう。

皆様へのお詫び

  • 2017/12/19 21:26

 ごく最近、これまでこのブログを動かしてきましたシステムに脆弱性が強く指摘されることとなり、急ぎより安全なシステムを使うことが要求されることになりました。したがって、この両日どのようにして新しくより安全なシステムに移行するかが問題となりいろいろ考えてまいりましたが、とりあえずデータ、とりわけテキストを早く移行させることにし、現在鋭意努力中です。しかし、一旦テキストにリンクされてしまった画像を異なるURL番号のテキストに合致するように移動することはなかなか私には難しく、少なくともごく最近のものについては別の方法で使えるようにしたいと考えています。しかし、いかんせんパソコンの理論・技術の習熟度不足の私のことですからどうなるか先行きまったく不透明です。したがって、古いものについてはしばらくは、あるいは長期にわたって画像なしということもあり得ます。お許しください。

 今後新しく書いてゆくブログについてはなんとしても画像をつける覚悟でおります。また、上にも書きましたが、最近のものについてはできるだけ早く画像を復活させるように努力いたします。皆さん、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 とりあえず、以上の通り状況を報告させていただきます。

追記:少し画像の再導入に取り組み始めましたが、画像のサイズや位置を決めるのがなかなか難しく、またテキストの回り込みができそうもないこともあって苦労しています(12/20/2017)。

追記2:ブログのシステムについて最大限の援助をもらっている私の先生からのアドバイスで、画像の位置、サイズなどの決定、またテキストの回り込みが可能となり、引っ越しをしたブログへの画像の再導入が可能となってきました。しかしブログひとつひとつの作業で膨大な時間がかかることが予想されます。でも、コツコツやってゆくしかありません(12/21/2017)。

追記3:新しいブログを書いていて気が付いたが、これまでのブログを引っ越したものの左下にはそれまでのブログの素性が記録されており、今後の参考のために残してある。右下の「この記事のURL」と書かれているところにカーソルを充てると新しい番号を含む新たなURLが左下に表示されます(01/06/2018)。

高尾山に上ったらまた富士山が・・・

  • 2017/12/15 18:16

 12月11日朝、起きたら素晴らしい晴天でした。でも、いくら良い天気でも自分からどこかに出かける習性があまりない私ですが、「高尾山に行ってみない?」の一言に負けました。高尾山は交通の便の良さと登山道などもよく整備されていて、年間260万人も訪れるという人気の高い近場の山であることはテレビなどでしきりに放映されているためか、私もよく知っており珍しくすぐに出かける気になりました。この神奈川からもほぼ1時間ほどで高尾山口(京急電鉄)まで行けるというのが味方にもなりました。それはともかく、ブログに書くということになるとよくはわからないのでいつものようにWikipediaに聞いてみると(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B0%BE%E5%B1%B1 )、次のように言う。ちょっと長いが引用させていただく。
 「高尾山(たかおさん)は、東京都八王子市にある標高599mの山である。東京都心から近く、年間を通じて多くの観光客や登山者が訪れる。古くから修験道の霊山とされた。関東山地(秩父山地)の東縁に位置する山のひとつ。明治の森高尾国定公園に指定されており、キャンプやバーベキュー、植物の採取、鳥類の捕獲などが禁止されている。
 山の中腹には、文化財を有する高尾山薬王院の他、高尾山ケーブルカーを運行する高尾登山電鉄の運営によるさる園・野草園、標高500mの高所にある「高尾山ビアマウント」(ビアガーデンは夏季限定、他の季節はレストランとして営業)などの観光施設がある。
 山頂には展望台や高尾ビジターセンターがあり、全長1,697kmに及ぶ東海自然歩道の起点でもある。また、高尾山には古くから天狗が存在しているとの伝説もある。山頂から東側は、八王子市や相模原市などを中心とした関東平野の街並や、筑波山、房総半島、江の島まで眺めることができる。また西側は、丹沢山地や富士山を見渡せる。冬至の前後数日間には、富士山の真上に太陽が沈むダイヤモンド富士を見ることができる。「八王子八十八景」にも選ばれている。」
 実は八王子あたりの車窓からちらりと富士山が見えた気がしたので、それを楽しみにして京急高尾山口からケーブルカーで途中まで上がることにした。1枚目の組み写真は上がケーブルカーの駅舎でその下は高尾山の案内図である。拡大していただけるとわかるが、ケーブルカーは地図の真ん中左のところにあるオレンジ色の屋根の建物のところまで連れてってくれ、それから上は約40分の歩きで山頂まで行くことになる。一番下は、駅を降りたところの展望台から見える東方向の展望である。詳しいことはわからないが、少し霞がかかっているが、でもよく見るとスカイツリーが見られる。
 2枚目の写真は、山頂から見た富士山と標識である。直線距離で55キロと言われるが、まずまずよく見えると言ってよいであろう。3枚目の組み写真は、富士山の周りにどのような山々が見えるのかを左下のボードの写真と右側にはそれらの方角と位置関係を空から見た感じの図で示したものである。右下の図はかなり小さくて見にくいがクリックして拡大すれば解読可能である。要するにポイントは、右上に高尾山の位置があるが、富士山は南西方向に、私がいつも紹介している丹沢山地の大山は南南西方向に見え、私が住む大和市は東南方向、そして東京都心は東の方に見えることになる。やっと高尾山、富士山、大山、大和市、そして東京都心の位置関係が私に見えるようになってきた。
 4枚目は二枚の富士山の写真で、少し色調が違うがきれいに映っている。前回の撮影時にあった山頂の雪は、ここしばらくの風で吹き飛んでしまっている。また、今回の撮影場所はこれまでより北でしかも標高559mと高いところからの撮影のためか、宝永山はより大きく見えているように思う。最後の5枚目は高尾山薬王院と、途中で美味しいごまだんごなどを売っていた茶店の写真と、下山の時に乗ったケーブルカーからの景色である。残念ながらすでに紅葉が終わった斜面を30度という角度で急降下してゆくのはなかなかのもので驚いた。また、途中で上りとすれ違う場所があり、いまだにこのケーブルカーはどうやって動いているのだろうかと悩んでいる。
 ひとつ書き忘れたことがある。それはケーブルカーの駅から薬王院へ上る坂はかなりの急坂である。そのときふと思い出したのは3年前まで住んでいた大阪・高槻市の本山寺のことである。このお寺もポンポン山の山頂に近いところにあり、本山寺への上りは急坂である。そこには大きな杉の木があり、それには亰の愛宕山あたりから天狗が飛来して休憩した場所があるとの伝説がある。なんと高尾山にも大きな木があり、上のWikipediaの記事にあるように天狗がいたとの伝説があるらしい。どちらの山も修験道の山である。
 さて、今回のちょっとした1日の旅は、この地に引っ越ししてから最も北に出かけたこともあり、東京都の西側と私が住む神奈川の地との位置が徐々に理解できるようになり、有意義であった。いずれにせよ、いろいろな場所からも見えやすい日本最高峰の富士山がそのあたりの関係を明らかにするのに大いに役立っているのはありがたい。

ユーティリティ

<<<2018年01月>>>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed