エントリー

2014年02月の記事は以下のとおりです。

私の切なる願い “自分自身のためにプレーして!!!”

  • 2014/02/24 15:27

 昨夜でソチ冬季五輪は終了した。オリンピックをテレビ観戦するのは好きだが、しかし、これほど切ないことはない。日本人の勝者も敗者も言うことはよく似ていて、「私がここにいるのはこれまでの先輩の方々や、サポートしてくれた人たちのおかげです」となるとますます切なくなる。特に女子スキー・ジャンプに登場したが思いがけない結果になった17歳の高梨選手が「今まで多くの人に支えられてきたので、感謝の気持ちを伝えられたらと思ったけど、そこまでいい結果を出せなかったのは残念です・・・」というようなことを言われると、本人を痛ましく思うとともにこちらもナイフか何かを突き付けられたように苦しい。
 1枚目の写真は、国民の声援を背負って苦しい戦いになってしまった浅田真央選手のショートプログラム後の写真と記事である(2月20日読売新聞夕刊)。彼女はフィギュア団体戦の切り札として登場しながら満足できる演技ができずにその責任を背負い、さらに個人戦の重圧にさらされて信じられないほどの失敗をしてしまったのである。それでもコーチや姉からの叱咤激励や、自らのつらい決断の中からその重圧から逃れるすべのないことを悟ったのであろうか、1日置いたフリーの演技では悲願としていたトリプルアクセルを見事に成功させ、自己新の得点を得てショートプログラムの16位から6位に10人をごぼう抜きにして世界中をあっと言わせたのである。
 日本人のスポーツ選手が国際大会で敗れる場合には、往々にして自分の実力を存分に発揮することができない場合が多いように思う。つまり過度の緊張の中に落とし込められるからのようである。なぜそうなるかは難しい問題だが、一つには前回のブログで議論した“優しさ、絆、思いやり、気配り”の中にいる日本人が、逆にそれからくる拘束から逃れられないことにあるような気がしてならない。もうひとつは日本の富国強兵の近代化以来、スポーツすることを学校の“体育”という授業の中から学ぶ日本人は、団体競技の中の“個人”として育まれるのであり、その“個人”は団体の枠から逃れられないのである。近年スポーツ少年団などが普及して学校から離れつつあるのはよい傾向であるが、しかし、多くの体育の指導者集団は体罰を持って指導を進める集団であったことが明らかになりつつあり、そう簡単に“個人”の“独立”を許すようなものではない。
 このように考えると、日本人が個人として独立した存在になることは容易ではなく、それには多大な時間と経験が必要である。今回、メダルを獲得した、あるいはほとんど獲得したに等しい選手たちは、何度も何度もオリンピックに挑戦した葛西選手のような存在を筆頭に、彼に引っ張られた若手3人、上村選手、渡部選手、竹内選手、二度のオリンピックに出産も経験したカーママ、またあえて練習拠点を海外に置いた羽生選手や竹内選手、あるいは日本に自分たちの練習拠点がないためにあえて海外を主戦場にせざるを得なかったスキーの小野塚選手、スノーボードの平野選手、平岡選手(竹内選手もこのうち)などなどは、個人が独立した存在であることを尊ぶ海外に飛翔した者たちばかりであることに気が付く。
 そして、最後の最後に自分の存在を有意義に意識することができたのが、“浅田真央選手”だったのであろうか。レコード・チャイナはきわめて興味深い記事を配信した。少し長いが引用させていただく。
「2014年2月21日、中国メディアU体育は、『最も完璧なスケーター浅田真央、金メダルを取れなくても私たちの女王』と題する記事を掲載した。
ソチ五輪フィギュアスケート女子シングル・フリーで、浅田真央はスケート人生の集大成とも言える素晴らしい演技で自己ベストを更新する142.71点をマークした。メダルには届かなかったが、もはや得点や順位は重要ではなくなっていた。浅田の演技後には、たくさんの花束とぬいぐるみがリンクに投げ込まれた。観衆にとってこれは別れの演技ではなく、フィギュアスケートの女王の帰還だった。
スポーツにおいて、試合の勝ち負けの根本にあるのは己の限界を突破し続けることだ。SPでのミスにも浅田はあきらめず、再びトリプルアクセルという高難度の技に挑戦し、成功させた。どこで転び、どこで立ち上がったか。これこそが、浅田が私たちに示した金メダルだ。逃げず、あきらめず、目標に向かって絶えず前進し続けた。よく『失敗は成功の母』というが、さまざまな挫折に向き合ったとき、どれだけの人が本当に耐え続けられるだろうか。
浅田の大舞台での演技を見るのはこれが最後になるかもしれないが、幸いだったのはこのピリオドが完ぺきだったことだ。金メダルを逃したことは、浅田の『不完全の美』となった。人生を歩む中で、彼女の粘り強く物事に取り組む精神は、浅田真央を最終的な勝利者にしてくれることだろう(翻訳・編集/北田)。」この記事の中には、本来スポーツの持つ強烈な文化的本質が表現されている。そんなこの記事には、躍動する浅田真央選手の写真が添えられていた。無断だが3枚目の写真として転載させていただく。お許し願いたい。
 このような素晴らしい記事が配信される世界の中で、相変わらず採点競技にまつわる点数の争いや不満や非難の応酬が絶えないのはまったく残念である。どうしてそうメダルにこだわるのであろうか?

外の世界にはなにがあるのか? ・・・ソチから想うこと

  • 2014/02/20 11:21

 ソチ冬季五輪のアルペン・スノーボードの女子パラレル大回転で竹内智香選手が鮮やかに銀メダルを獲得した。今大会で女子初のメダル獲得になったが、そんなことより、2枚目の写真にあるように、彼女は自らを鍛えなおすために5年間スイスの代表チームに単身で乗り込んで修業し、まさに「一匹狼」としてメダルを獲得したことのほうが私には大切なことのように思える。
 だから外国で修業したほうが良いと単純に言うつもりでここに書いているわけではない。しかし、スポーツの世界に限らず、科学の世界でも同様のことが多く、日本から出た多くのノーベル賞受賞科学者もそれまでの過程で外国留学をしてきている。また、最近ではSTAP細胞を開発した小保方晴子氏もハーバード大学での経験が下支えになっているようである。そんなことを思うと、私が外国で経験したことで大切と感じたことを思い出しておきたいのである。
 外国で生きるということから簡単に思い出せることはいろいろあるが、その第一は様々なカルチャーショックである。馬鹿馬鹿しいことを言えば、私がスタンフォード大学の郵便局で切手を買い、歩きながらその裏をなめて封筒に張っていたら、突然ある女性に“Stupid!”と言われたのにはびっくりした。“切手の裏をなめる”というのが“とんでもない!”と見えたのは“なるほど”と思えたが、それをあからさまに罵倒する言葉で“言う”というそのことに驚いたことがある。この思ったことを口に出す、“ものを言う”ということになると彼らは大人も子供も例外はない。彼らはそれによって一人でも生きるという術、精神構造を作り上げてゆくようである。彼らの土壇場での個人の強さという光景は、今回のソチでも縦横に見られている。
 しかし、私が一番学ばせてもらったと思うことは、十分に議論して作り上げた研究目標に向かって直線的に進む彼らのやり方である。彼らは研究目標を定めると直線的にそこに到達しようとする。もし、障害があればそれを避けずに乗り越えようとし、たとえば方法が十分でなければ新しい方法を考え出し、それを使って直線的に進もうとする。残念ながら私の知る限り、生物科学の領域で広く使われているほとんどの実験方法は我々ではない外国人の努力の結果である。この意味で、タンパク質の質量分析という領域でノーベル化学賞を受賞した島津製作所の田中耕一氏は日本での数少ない方法論に基づく内容での受賞であり、その価値は大きい。
 このように、目標に直線的に進むという研究方法については私はスタンフォード大学にいるときに共同研究者からしばしば文句を言われた。我々というか私は、研究が行き詰るとしばしば目標の周辺領域に探りを入れて何かヒントを掴もうとする傾向があった。そこを突かれるのである。私はそれに時間をかけるつもりは毛頭ないと必死に言い訳をするのだが、なかなか彼らにはそれが理解できないようであった。彼らは、“Go straight-forward!!!”(“余計なことをせず直線的に進め”)と強調するのである。
 私は結構目標追求に執念深い男だが、大方の日本人の研究の進め方は大なり小なり上に書いたようなやり方をする。それは、現状の科学のレベルでは、理解できている自然についての知識はその全体のごくわずかであるため、目標の周辺を研究したとしても新しい発見はいくらでも出てくるということに支えられているのである。だから日本の研究室のトップは、特にかなり前までは“議論をしていても始まらない。実験をしていれば何か新しいことが出てくるんだから”と議論に時間を費やすことを嫌がったのである。
 43歳からの15か月という短期間の外国での研究生活であったが、その間に私は“目標に向かって直線的に進む”という研究の進め方を自覚することになり、帰国後にそれを十分に生かしてそれなりの研究成果をあげることができた。
 こう書いたからと言って、彼ら(多くはアメリカ人研究者)のあり方に全幅の信頼がおけるということではない。すでに今の日本もそうなってしまっているが、彼ら研究者間の競争関係は厳しく、きわめて強い個人批判を伴うこともあり人間関係が殺伐としたものになることを危惧している。その点日本には幾つもの震災時に発揮された、優しさ、絆、思いやり、気配り、そして、お・も・て・な・し、などという本来個人主義的になりきれない日本人の良さが、研究環境運営のどこかで有効に機能する余地があるような気がしてならない。でも、それがネガティブに表れることが多い点には十分な注意が必要であろう。同様のことがスポーツの世界にもありそうな気がしている。そんなことこんなことをソチから感じたが、難しいところである。

「頑張る若者、ダメな大人」のつづき・・・で、“アラフォーからアラセヴンティ、そしてアラエイティヘ”

  • 2014/02/17 22:22

 この前2つのブログに続いて、今回の1枚目の写真の真ん中には男子フィギュアシングルで金メダルの羽生結弦選手(19)が、そして、第64回ベルリン映画祭で山田洋次監督の「小さいおうち」に出演した黒木華さん(23)に最優秀女優賞が送られたと報告され、相変わらず若者の活躍が続いている。
 しかし今回は、レジェンド、つまり伝説と呼ばれるようになった人の話である。その人は葛西紀明選手で、7度目の五輪で初めてメダル、それもほとんど金にも等しい銀メダルを獲得した。その諦めない姿勢で向上心を持ち続けてメダルを狙い続け、やっと41歳にして初の個人でのメダル獲得であった。彼を称して外国の選手からは“Legend(伝説の人)”と呼ばれ、絶大な信頼を勝ち得たのである。その何とも美しい飛翔の姿は見る者を魅了する(2枚目の写真)。
 でも、私や仲間たちもそんな彼の果敢な挑戦の姿勢を指をくわえて見ているわけではない。もちろん、彼らは世界の映画祭や五輪の場であるが、私や友人たちの世界はそれに比べると小さな、楽しく走るマラソン大会の世界である。しかし、規模こそ違えチャレンジということを言えば気持ちは一緒である。葛西選手はアラフォーであるが、私たちはアラセヴンティ、私などはあと2年もすれば四捨五入でアラエイティに近づく歳である。その私たちのチャレンジは、いかにして走り方を改善し、いかにして自らの体力の向上を図り、いかにして自らのチャレンジ精神を鼓舞するかである。
 数年前から面白い企画がある。それはランナー向けの雑誌「ランナーズ」が企画しているもので、ランナーの走力を1歳刻みの年齢にランク付けするもので、外国のレースを含めて国内のレースにおけるタイムを日本のランナーを1歳刻みごとにランク付けをしている。ちなみに昨年の3月末までのレース(会計年度と同じ)でのランクを見ると、私の72歳時のランクはベストタイム4時間18分35秒(長野マラソン)で71位ということになる。同じ年齢のあの君原健二氏は3時間37分56秒の8位とはるか上にいる。もう一つのランクを言えば、たとえば昨年の大阪マラソンにおける私の位置は、全ランナー27669人中で6944位、また70-74歳の男子種目では完走者133人中5位である。私たちはそのような位置情報を参考にしながら、市民マラソンの世界においてアラセヴンティ(70歳前後)やアラエイティ(80歳前後)になろうとも、ささやかなレジェンドを目指している。
 そんな私にとって定年後10年も経つと故障も増え、今は苦しい。私の弱点であるふくらはぎの故障もレッグカバーの着用などでその頻度を大幅に減らしはしたが、いったん故障してしまうとそれが長引き、近づいてくる次のレースへの対応を迫られている。無理を承知で参加するか、アラエイティでのレジェンドを目指してここは我慢を優先するかは大切な分かれ道である。いまは未来を見つめた決断をしようかと考えているが、でも、悩ましい。できるならば、いつまでも歳のことを言い訳にしないで走り続けたいのである。歳を言っちゃおしまいよ、である。

追記:何度も何度も「ダメな大人」のことを書くのは心苦しいが、今ネットを見るとまたもや靖国神社がらみで首相補佐官が謝罪したとの記事が出ていた。それによれば、「衛藤晟一首相補佐官は19日、安倍晋三首相の靖国神社参拝をめぐり米政府を批判した動画サイト『ユーチューブ』での自身の発言を取り消し、動画を削除する意向を明らかにした。国会内で記者団の質問に答えた。」とある。そんな批判をすればどうなるかさえ分からない大人たちの馬鹿馬鹿しいことの繰り返しで、本当に嫌になる。(2014年2月19日)

[$F03|image]
F03.jpg

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

<<<2014年02月>>>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed