エントリー

2012年12月26日の記事は以下のとおりです。

御堂筋や中之島の「OSAKA 光のルネサンス」を楽しむ

  • 2012/12/26 12:22

 クリスマスが近いとはいえ特に何かをするわけでもないが、どこかに出かけようと思う時に気になるところがひとつある。それは梅田北にある新梅田シティで毎年行われる「ドイツクリスマスマーケット」である。これが気になる理由は、数年前にそこを訪れた時に飲んだホットワインの味が何となく忘れられずまた飲みたいと思っているからである。そんなことをジム仲間に言っても相手をしてくれる人もないので、その代りというわけではないが「OSAKA 光のルネサンス」を見に行くことになった。そんなイベントを見るのは生まれて始めてであった。
 私は大阪に来て23年になるが、そのほとんどは大阪の北である北摂で過ごし、大阪駅から南は本当に疎いのが正直なところであった。だから、中之島といってもどこが島なのかが実感としてわからないのが私である。まあ、そんなことを言っていても始まらないのでJR大阪駅から地下鉄御堂筋線に乗って淀屋橋で降り、歩いてまずは大阪市役所に行き、そこから東に向かって歩き始めた。まだ明るい夕暮れ時で、その内に点灯されるであろうイルミネーションを眺めながら中之島を歩いてみると、そこには多くの店が開いていて様々なドリンクややきとり、ソーセージ、お好み焼き、たこ焼き、ラーメンなどあらゆるものがお客を待っていた。
 うれしいことにその中にホットワインを見つけることができた、というより、多くの店で売っており、早速ホットワインとやきとりを手に入れ、風もなく暖かい夕暮れ時を楽しんだ。中之島地区はまだ点灯されていなかったので、御堂筋通りまで歩けばその内に点灯されるだろうと証券会社の多い北浜を通って御堂筋通りまでゆっくりと散策した。
 御堂筋通りに出るとすでに点灯されており、街路樹に飾り付けられた色鮮やかな光の輝きに驚いた。1枚目の写真に最初に目に入ったイルミネーションの写真をお見せしたい。三脚を使わない撮影のため手振れが多いが、ピンク色というかサンゴ色というか分からないが、なかなか見事な色合いであった。多くの人達が歩道を歩きながらその色を楽しんでいるようであった。そこから南の心斎橋方面に向かって歩いてゆくと様々な色の光にかわってゆき、それらをゆっくりと楽しむことができた。
 この御堂筋のイルミネーションは1.9キロ続いていたようで、片道4車線の広い道路の両側にそびえたつビルでは多くのお店が開いており、またショーウィンドウが様々に飾り付けられていて華やかな雰囲気であった。そのいくつかのショーウィンドウや飾り付けられたビルの写真が5枚目の組み写真の下の部分である。そのような店を楽しみながら飾り付けされている南端まで来て西側の歩道に移動して今度は北上しながら楽しむことにした。この御堂筋の光の輝きを写した組み写真が2、3枚目の写真である。
 御堂筋を北上して飾り付けられた大阪市役所前まで来て、再び中之島地区に入り点灯されたイルミネーションを楽しんだ。それが4枚目の写真である。変わった風景といえば中央公会堂の東壁面に合わせて、ドバイの航空会社が多分レーザー光による光の模様を写しだしており、なかなか美しい出来栄えであった。それを含めて中之島地区の写真が4枚目である。薔薇園の方には細かい装飾がされていたようであるが、行くことはできなかった。
 中之島地区には上にも書いたように多くの食べ物のお店が出ていたので、再度ホットワインとちょっとした肉料理を購入して楽しんでいると、土佐堀川であろうかお客を載せた何隻ものイルミ装飾ボートが行き来していた。同様のものは堂島川の方も走っていたようである。あまり遅くなってもと適当に切り上げてJR大阪駅に来てみると、新しくなった4階の線路上の部分にきれいなイルミネーションが造られていた。それが5枚目の写真の上の部分である。写真はクリックで拡大してお楽しみいただきたい。ではまた。
 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

<<<2012年12月>>>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed