エントリー

2018年05月12日の記事は以下のとおりです。

太平洋に面した国営ひたち海浜公園にネモフィラやチューリップが爆発!(2)

  • 2018/05/12 16:06

 この海浜公園の花壇ではほぼ1年中多彩な花が咲くように計画されている。この季節には、3月下旬から4月中旬にはスイセン、4月は菜の花、チューリップ、4月中旬から5月上旬にはネモフィラと言うことになっていたが、気温の高い日が続いたこともあり、実情はそれぞれが前倒しになった感じである。ネモフィラは4月下旬ですでに満開であった。

 ひとつ前のブログではネモフィラだけを報告したが、ここでは満開であったチューリップとすでに終わりかけていたスイセンの様子をお見せしたい。ネモフィラの咲いていたみはらしの丘からゆっくり歩いて途中でハンバーグの昼食をとり、さらに最初に入場した公園西口の方向に向かって歩いてゆく遊園地に出会った。そこには大観覧車があり、パターゴルフのようなものから様々な遊具など大人も子供も様々な遊びができるようになっている。また、この公園で広く移動に使われているのはいろいろなタイプの自転車が用意されており、それに乗ってこの広々とした公園内を移動しながら楽しむのはきっと楽しいだろうと思えた。次回もしチャンスがあればぜひ乗ってみたい。
 そこを通り過ぎて西口の方向へ歩いてゆくと、なんと多彩なチューリップが満開のフラワーガーデンがあった。パンフによれば250品種25万本の規模らしく、ちょうど満開の素晴らしい景色であった。その中で珍しく見たこともない形や色のチューリップの写真を様々に組み合わせたのが1~4枚目の写真である。クリックで拡大してご覧ください。なお、4枚目の右下の写真には西口入口に大きく翼のように広がる翼のゲートが見える。
 そして最後の一枚は西口を入ってすぐ左側に広がるスイセンガーデンのスイセンである。三重県の田舎に住んでいた子供時代に、好んでスイセンの球根を植えて楽しんでいたことを思い出した。すでに満開の時期は過ぎていただ、まだ十分に鑑賞に堪える花は残っていた。そのうちきれいで珍しいスイセンの写真を4枚目の写真とした。

 この海浜公園はわが家からはちょっと遠いのが難点であるが、時間のある我々としては決して遠い距離ではないのかもしれない。7月から10月には緑葉と紅葉のコキア、そして冬にはロウバイの楽しみがあるらしい。また訪れる機会があれば、その様子をお伝えしたいと思う。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

<<<2018年05月>>>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed