エントリー

「脱原発・自然エネルギー推進連盟」は表舞台に出たか?

  • 2018/01/17 11:44

 1枚目の写真をご覧になった方は、このブログはサッカー外交のことが主題なんだなと思われるであろう。でも、このタイトルとは全然違うからおかしい、何かの間違いだと思うに違いない。

 実はこの1枚目の写真のサッカー云々はブログの主題では全くなく、この写真の右下に太字の見出しさえ付けてもらえずひっそりと書かれている記事を問題にしたい。その部分を拡大して撮影したのが2枚目の写真である。どうしてこんな扱いなのだろうかと誰しも不思議に思うはずである。ここに書かれている小泉元首相らの会見は前日1月10日に行われ、テレビでそれなりに報道された。にもかかわらず、このような扱いになるのはなぜなのであろうか。それで日本は大丈夫なの?と思わずにはいられない。ここに登場した連盟の名前は「脱原発・自然エネルギー推進連盟」であるが、実は彼らの目指しているのは「自然エネルギー」ではなく、「再生可能エネルギー」のことなのでその言葉でWikipediaに訊いてみた(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC )。
 それによると、この連盟の目指しているのは自然エネルギーというよりは再生可能エネルギーのことで、そこには次のように書かれている。「再生可能エネルギーとは本来、『絶えず資源が補充されて枯渇することのないエネルギー』、『利用する以上の速度で自然に再生するエネルギー』という意味の用語であり、日本の法令で定義されている新エネルギーは、再生可能エネルギーの一部である。具体例としては、太陽光、太陽熱、水力、風力、地熱、波力、温度差、バイオマスなどが挙げられる。」もちろん、化石燃料である石炭や石油は自然に由来するエネルギーであるが枯渇するものであり、いわゆる「自然エネルギー」でも「再生可能エネルギー」でもない。
 Wikipediaにも書かれているが、日本は太陽エネルギーの利用では一時世界の先頭を走っていたにもかかわらず、現在ははるかに先進諸国に後れを取っている。欧州、特にドイツは2030年には電力の50%を再生可能エネルギーが占めると予想されており、全体として世界を家人している。アメリカにおいても風力によるエネルギー産出が急速に進んでおり、投資も大幅に進んでいると言われる。それに対して我が国は、現在も全体のわずか数%しか再生可能エネルギーで供給できておらず、福島原発の大規模な事故時に起こった将来への意欲は必ずしも方向づけられているとは思えない。たとえば、太陽光発電で得られた電力の買取価額の低迷、あるいは送電網に問題があるとの電力会社からの問題提起などで新規参入者が入っていけない事態などの発生で着々と進んでいるとはとても言い難い。今や明らかに欧米諸国や中国の後塵を拝していると言って間違いない。
 それに関して気になるのは、あの事故にもかかわらず原子力発電への肩入れが進んでいるように見えることである。あの事故後すべての原発が停止しても問題となるような停電は起きなかったことをすっかり忘れ、いや、あの恐ろしい事故のことをすっかり忘れ、新たなより厳し基準ではあるが原発の再起動を進めつつある。また、外国への原発の輸出にも手をだし、世界の原発銀座の形成に力を貸しつつある。
 私はあの東日本大震災の後まとめて8つのブログを書いた。その8番目の「『東日本大震災』(8)『原発事故と菅内閣』」(http://www.unique-runner.com/blog/index.php/view/124 )の中で、菅内閣はメディアにたたかれつつしかしとにかく首都圏が巻き込むような広さに大量の放射性物質がばらまかれることは最低限防いだと述べ、私は彼らの必死の働きを評価するしまた彼らに感謝すると書いた。その翌年の賀状にもそのことを書いた覚えがある。このことはそれほど私の本心であり、いまもそれは変わらない。そんなことが起こっていれば私はこちらに引っ越しても来なかったであろう。政治家の皆さんはそんな危険があったことを忘れてしまったのであろうか?首都機能の移転なども現実的な議論になる可能性があったにも関わらずである。
 それよりももっと深刻なのは、脱原発・自然エネルギー推進連盟の記事が写真でお見せしたような扱いに成り下がっている現実であろう。あの連盟の会見、あるいは脱原発がこの国の、そして世界の重要な動向につながることであるとの認識を主要メディアが共有できていないことが問題なのだと私は思う。

 私は小泉・細川元首相のこれからの活動を期待している。最後に、タイトルの「脱原発・自然エネルギー推進連盟は表舞台に出たか?」について言えば、残念ながら無視されていて表舞台には出られていない、と言うべきであろう。

ページ移動

ユーティリティ

<<<2018年12月>>>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed