エントリー

[簡易復元] 子供たちの家庭菜園を視察?

  • 2011/10/31 18:06

(この記事のオリジナルは2010年11月に書かれたが、ファイルが失われたため改めて書き直す)

 出不精な私なので関東にいる子供たちに会いに出かけることはあまりないが、家庭菜園を始めたということも聞いて久しぶりに出かけた。折しも、そろそろ高速道路週末千円という特典がなくなるのではないかとの話が出始めていたので、思い切って週末に走ることにした。なかなかの倹約振り?である。特に混雑している様子もなく車で初めて関東にまで足を延ばすことが出来た。
 私は元々三重県の山の中で育ったこともあり、百姓のやることはずーっと見てきており、手伝いなど度々させられたこともあって一応のことは経験してきていた。特に花を育てることは好きで、子供の頃から庭を自由に使わせてもらっていろんな花を育てた経験があった。だから、高槻の官舎に、ひどい土だったが一応家庭菜園の形になっていた小さな畑があり、誰もそこを使わないことをいいことによその畑まで使わせてもらっていろんな野菜や花を栽培して楽しんできた。
 そんな菜園で作った新鮮な野菜を、親のところに遊びに来る度に食べてその味を知っていた娘が、遂に畑に手を出したようであった。始めてまだ数カ月しか経っていなかったが、3枚の写真でお見せするようにそれなりに恰好がついており、十分に野菜作りをしていると言えるようにまでなっていた。畑仕事など全く経験のない娘だったが、同じ畑のおじさん仲間に入れてもらっていろいろ教えてもらいながらやっていたようで、やればできるものだと感心した。
 視察?を終え孫の顔も見て、また高速で大阪に戻った。途中の足柄SAに着くまで走りながら見ていた富士山は絶景だったが、止めて写真を撮るわけにもいかず、我慢して足柄SAに入って写真を撮ったがもはや絶景とは言えなくなっていた。それでもまだきれいで、富士川SAで撮った2枚の写真をお見せする。
 今回の旅はずいぶん節約できた旅だった。欧米のように高速道路がタダになれば人の動きはもっと活発になるように思うが、狭い国土に作る高速道路はとんでもないお金がかかるかと思うと、そんなことを期待するのはとても無理のようである。まあ、公共交通機関を使って動くのがこの国に住む者の身の丈の旅と言うべきかもしれない。

ページ移動

ユーティリティ

<<<2022年05月>>>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed