エントリー

安倍首相退陣の引き金を引いたのは、自らが招いた国民の不信感だ!

  • 2020/09/23 21:36

 2020年9月14日、安倍首相の辞任表明に基づいて菅義偉官房長官が後任の総裁に選任された。そして16日安倍内閣は総辞職し、菅内閣が発足した(写真は読売新聞9月16、17日朝刊)。

 この数か月安倍首相の体調不良がささやかれながら事態は膠着状態であったが、あっという間に持病でもあった潰瘍性大腸炎の再発(悪化)という理由で辞職に至った。歴代最長の総理大臣としての安倍首相であったが、このコロナ禍における何がこのあっけない幕切れを演出したのであろうか。
 この7年8か月の長期政権の中でもっとも私にとって衝撃的であったのが、それまで認めてこなかった集団的自衛権の行使を閣議決定で認めるという禁じ手を使い、あわせて安全保障関連法として2015年9月に強行採決して新たな日米同盟への道を切り開くことになった( https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/27208.html )。これは、核ミサイルを発射する能力を備え、切れ目なくミサイルを発射し続ける北朝鮮や、南シナ海に軍事的基地を求めて進出し、巨大な軍事国家を建設しつつある中国の存在が目を引くこともあって、国民の圧倒的な反対の下での政府の行動であったとは容易には言えない状況であった。しかし、これまでの日本の専守防衛の方向性を安易に変更しようとした試みは、世論調査において国民の過半数が反対に回るという大きな政治不信を招いたことは否定できない。
 そんなさなか、安倍長期政権に公私混同や集中力の不足、あるいは全く不適切な閣僚人事が頻発して大きな政治問題が勃発した。例を挙げれば、首相あるいはその関係者が関係する森友学園問題、加計学園問題、海外派遣の自衛隊における文書管理の問題、あるいは「桜を見る会」などの明らかに不可解な問題が頻発した。そして、中央官僚などが関与した文書改竄などあってはならない問題が発覚し、それらに関与させられた官僚の自殺を呼び起こしたという悲劇も発生した。このような政治不信の元凶となるような数々の問題が発生したが、これらの問題は国会での追及にもかかわらずまっとうな解決が図られたというには程遠い状況にあるといってよいであろう。だれも責任を取ってはいないのである。

 このような状況の中で発生したのが新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的流行)である。世界的には2019年11月あたりから中国で発生し、国内では2020年2月くらいから問題になり始め、その後感染拡大・収束を繰り返して現在に至っている。近年、日本は隣国の中国や韓国と異なり今回の新型コロナウイルスのようなウイルスに対する感染経験(SARS、MERS)に乏しいこともあって様々な不手際が際立った。特に感染の有無を検査するPCR(Polymerase chain reaction)検査体制の不十分さである。つまり、当初厚労省はPCR検査を受ける条件を厳密に定めていた。しかし、その条件を満たしていても、しかもどれほど苦しい不安な思いをしていても容易に検査を受けることができない人たちが沢山出てきてしまったのです。しかも、極めて厳格な受診資格を敷いた理由が長い間知らされず、私はもちろん多くのメディア関係者ですら想像力をたくましくするしかなかったのである。その後それは検査能力の問題であるのはもちろんであるが、意外といえば意外だが、関係者の言葉尻などから医療体制の崩壊を避けるためだったらしいとして大きな不信感を私たちに与えた。このことは政府は我々国民に正確な情報を与えず、感染しても入院・治療も許さずに放置することをあからさまに示したことになった。これは当然のことながら強烈な反感を安倍政権に与えたことは当たり前であった。
 これに輪をかけたのは安倍首相が突如4月1日に国民一人一人に二枚ずつ、当時大いに不足だったガーゼのマスクを無償供与すると発表したことであった。しかし、その予算規模466億円を聞いて我々はあっけにとられたのである。おまけに、そのマスクの配布が遅々として進まず、さらに配布されたマスクに不良品が数多く発見されるに及んで、まったくの不評で税金の無駄遣いと揶揄されるに至った。
 その後、感染が拡大したため、政府・自治体は様々な紆余曲折を繰り返しながら特措法第32条第1項の規定に基づく新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を4月7日に発動(発出)した。対象は東京都を含む7都府県で期限は5月6日までとし、その後4月16日に全国に拡大、5月4日には期間を5月31にまで延長した。その後、感染の様子が収束に向かいつつあることを考え地域を二度にわたって変更し、25日には最後まで残った東京都・北海道を含む5都道府県の解除を宣言した。この緊急事態宣言についても宣言の遅さなどをめぐって議論が絶えず、またこの間、私もこれまでのブログで問題にしてきたPCR検査能力の拡大が関係者が宣言するほど増えず、隣国の韓国や中国、あるいは西欧諸国に比べて圧倒的に低く、例えば特別給付金の決定やその給付にまつわるドタバタ劇など感染症に対する対応の遅れ、迷走は目を覆うばかりとなり、感染を恐れる多くの国民の強い反発を招くばかりであった。そして8月の世論調査の結果は、どの調査でもほとんど同じであったが、内閣支持率は32%、内閣の新型コロナ対策を支持しないとする国民は60%に達し、内閣の命運は風前の灯火となった。

 そんな中、安倍首相の体調不良説が現実味を帯び、ついに8月28日持病の潰瘍性大腸炎の悪化を理由に辞任することを発表した。潰瘍性大腸炎は難病に指定されている病気で、ストレスが悪化の大きな原因となるといわれている。確定的なことはなにも言えないが、安倍内閣の森友学園問題をはじめとする様々な不祥事や今年になってからの世界的な感染症への対策に苦慮し、国民から抜き差しならないほどの不満を浴びることになった。それが病気の悪化に拍車をかけたことは申すまでもないであろう。
 そうであればあるほど、次期自民党総裁の決定は国民に納得のいくようなやり方が要請されてしかるべきだったと思われる。しかし、ふたを開けてみれば何とも言えない小細工のオンパレードでしかなかった。安倍首相が辞任発表の席で、次期首相が決まるまでは職にとどまると表明したにもかかわらず、そんなことは忘れて、一刻の猶予も許されないと称して、地方の自民党員の投票権も満足に生かされない派閥政治の暗闇を見せつけてくれた。その辞任発表からの次期総裁決定への流れはあまりにばかばかしくて語るに落ちたというしかない。現時点では自民党総裁の座は日本という国の首相であり、国を代表する立場である。
 安倍首相の立場が追い詰められたのは新型コロナウイルスへの対応のまずさだけではなく、それまでに首相の座を脅かしてきた森友、加計、桜などの問題でみられた国民への説明の不十分さや隠ぺい体質、そしてその結果としての国民の政治への信頼感の喪失が根本にあったことは否めない。森友学園問題では、それに巻き込まれた公務員の一人が自殺するに及んだ。そのようなことがあってもこれまで首相をはじめ安倍内閣は何の責任も取っては来なかったと私は思う。今回、安倍内閣の官房長官を永年勤め上げ、たたき上げの政治家と言われる菅氏が自民党議員総会で圧倒的な賛成票を得て総裁に選ばれた。その過程では、あまり票を取りすぎては良くないとか、石破おろしとも称して岸田氏に”施し票”を回すなどという陳腐なことが公然と語られるなど、これが一国の総理大臣を選ぶ選挙かといぶかしく思った。なんともばかばかしい。それにくらべて一年をかけて大統領を選ぶアメリカの選挙は、とんでもない選挙戦を行いつつあるが、それでもその真剣さと透明度の高さは評価されるべき点が多々あるように思う。今の自民党のような選挙や個々の政策遂行を行なっていれば、いずれ国民からこれまで同様に信頼を失って政権を失い野党へと放り出される時が来ると言わざるを得ない。

 9月16日に菅内閣が発足した。しかし何度でも言いたいが、その選出過程は真っ暗闇で、いやある意味では分かりすぎてはいるが、どのように自民党党員の意思を集約しているのかは全く不透明で、国民に対する透明性は全くゼロである。例えば、年会費四千円を支払う全国の自民党員すべてに投票権を行使させる時間は十分にあったように思われるが、”一刻の猶予も許されない”との一言でそれも封じた。それほど切迫している新型コロナの状況であるなら、それについてもっと敏速で果敢な政策がそれまでにあっても良かったのではないか。野党の要求があっても国会さえ開催しなかったのである。今回の総理選出の茶番劇は、地方票に強いある候補者を葬るためだったとされる。そうなることは分かっているはずで、それを打ち破る何かの方策もありえたのではないかと思うが、何度も同じことを繰り返しているように思う。
 9月19-20日に行われた読売新聞の世論調査によれば、菅内閣の支持率は歴代三位の74%だった。新型コロナ対策でその脆弱ぶりが目に余ったデジタル化の貧弱さの克服、今回のコロナ禍においてもPCR検査の拡大を妨げてきた縦割り行政の打破などなど思い切った目標を掲げたこともあってか高い支持率を得た。しかし、菅内閣の新しさと期待感で高い支持率でスタートはしたが、総裁選の時の派閥政治のようなことをやっていると国民の政治不信が高まっていることでもあり、それを増幅することは間違いない。初心を忘れずにやっていただきたい。私から見れば、今の政策のネタとそれを克服しようとする政策は、自民党政権が自分たちで切り盛りしている、昔よく聞いた「マッチポンプ」という言葉に尽きるであろう。

追伸:それにしても、いつまでこんな状態なんだろうかといささか腹が立つ。実はいまYahooのネットニュースを見ていた( https://news.yahoo.co.jp/articles/09678563af06b6b3e35c44b367428d82e2b0f1ed

 )。そのニュース記事には「東京都によると、23日に都が確認した新型コロナウイルスの感染者は59人だった。3日連続で100人を下回った。(中略)60人を下回るのは6月30日以来となる。都が公表する感染者はおおむね3日前の検査が反映されるため、連休中に検査数が減ったことが影響しているとみられる」とある。新規感染者の数を公表されたとしても、検査数が公表されなければどうにも評価できない、ただの数字だということはこれまで何度も言ってきたし、散々様々な形で批判されてきたことである。3日前の検査数すら公表できないほどのデータの信頼性の無さとはなんと情けない行政なのであるか!!!

新型コロナウイルス感染者の発生とその拡散を解き明かすはずの公式データが、いつまでたっても私をすっきりさせてくれない

  • 2020/06/22 15:33

 私はこのブログの場を借りて、3月2日から5度までも主として東京都のホームページに公開されるPCR検査結果のデータを用いて、分かることや分からないことについて時には細かく、時には大雑把な解釈を表現してきた。しかし、多くの医療関係者や、統計処理をおなってこられた方々の努力にもかかわらず、ますますそのデータの意味するところがよく理解できないと口を酸っぱくして言わせていただいてきた。
 そんな分かりにくさの原因のいくつかは少しずつ改善され、データがより詳しくグラフなどで表示されるなどによって私たちにわかりやすくなってはきた。そのための努力か、現在の都のホームページにはグラフの数はなんと8つもある(https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ )。もっとも単純なのは新しく発生した新規患者の数で、それ以外はすべてもう少し複雑に数値を計算処理して表示されているものばかりで、その中で最も簡単なものは新規患者の陽性率であろう。陽性率そのものは簡単な計算で出るわけだが、私にとってわからなかったのは、新規患者発生数とその時に検査対象とされた検査数がどう対応するかであった。それが全く読めなかったのである。しかし、最近陽性率として表示されるようになったということは、検査対象数とその結果の陽性者数と陰性者数がきっちりと対応させてくれたということだと理解できる。つまり、この陽性率を出してくれて初めて、それまで理解できなかった検査数が意味を持ってくることになり、どの日の新規患者(感染)数とどの日の検査数がどう対応するかということについては、データを見る側は詮索しなくてよいということになる。
 これはありがたいことではあるが、これですべてが分かりやすくなったわけではない。実は、最初から疑問符が付いたままになっていたが、私があえて問題にしてこなかったこと、つまりどんな検査対象であったかの問題がやっと顔をのぞかせてきた。つまり、何の特別な理由もなく検査対象を選んで検査をしているのか、あるいは特別な理由を付けて検査対象を選んで検査してきたのかの問題である。当初は検査能力に限界があるために、あるいは医療提供体制破壊を起こさないために発熱などや肺炎などの前兆が明らかである人を対象に厳選して検査してきたのは周知のことで、これによって感染初期の多くの検査希望者を排除してきたことはよく知られている。
 最初のグラフの写真をご覧になるとおおよそのことはわかるが、ごく最近の陽性率は2%前後で低い。確かに4月5月の最初の感染のピークにおいてはそれ以上に高く、30%を超えていたこともある。しかしそれでも低い時でも70%は陰性で、当時医師の厳密な判断によって対象者が選別されていたことを考えるとこの高い陰性率はいったい何を意味しているのだろうか。つまり、このPCR検査はそれほど感度の悪い信頼性の低い検査法であることを示しているのか、あるいは実はこの検査は新規感染者を発見するための検査ではなく、すでに陽性が確認され手入院している患者さんの治癒過程の検査のデータまでここに入っているためなのであろうか。要するに、ここにきて検査対象者の内容、あるいは質が問題にされなければならないことを意味している。
 ここで二つ目のグラフの写真を見ていただきたい。緊急事態宣言が解除される直前の5月25日以前に東京都では感染が下火になって23日には最低の2人にまで低下してやっと大きなヤマを越したと一瞬安堵したことがあった。しかし、その後じりじりも陽性者数が増加に転じ、現在30人以上は4日連続となっている。またその前々日の6月14日には47人、15日には48人の感染者が発見されており、この1週間ほどは高い感染者数で推移している。このような急激な上昇に際して小池東京都知事は会見で、都として最も感染拡大の源として危惧しているのは新宿などの接待を伴う夜の街の存在であり、新宿区長などの粘り強い説得で、夜の街の関係者に積極的にPCR検査をお願いしてきた。その成果が表れて新しい感染者の発見につながっていると述べた。確かにそのことが順調に新しい感染者の発見につながれば、新たな感染の大きなピーク、第二波発生の抑制につながることに大きな期待を持たせることになる。
 結局のところ、日々発表される新規感染者数は、それを聞かされた我々としてそれをどう評価するかが問題になる。その評価の基本となるデータは、日々発表される新規感染者数だけではほとんど何も意味ある評価を下すことができないのが現実である。かって新規感染者数だけではだめで、そのもととなる検査対象者数が伴わなければどうにもならないと議論されてきたのと同様に、今度はその検査対象者がどのような構成になっているのかが明らかにされなければ、それから発見された新規感染者数は意味ある数字として議論の対象とすることはむつかしい、ということを意味する。
 東京都のホームページに毎日発表される新型コロナの感染動向は、一部の専門家に対することはもちろん、多くの都民や全国の国民に対して開かれた、そして意味あるデータとして表示されなければならない。ということは、発表されるデータの背景、すなわち、どのような背景を持つ対象者を検査しているのか、たとえば、まったく忖度のない一般大衆を対象にしているのか、あるいは今回発表されたように新宿・夜の街関係者を多く含んでいるのか、あるいはそのような可能性のありそうな対象をどの程度含んでいるのかなどのデータが付与されていなければ有効なデータと考えることはむつかしいと思われる。

 私もそのようなデータの背景が的確に表示・提供されるまでは、この東京都のホームページのデータをこのブログでの議論の対象とすることを避けようと思う。そのようなことがないように、貴重で意味あるデータを私たち国民に提供してくださることを心から期待している。

追記:
 6月24日の感染者は55人であった。夜の街関連、あるいはこれまで確認されている感染者の濃厚接触者がかなり含まれているようであるが、詳細は不明である(6月25日)。

新型コロナウイルス感染の実態を明らかにするはずのPCR検査データがいまだに私には理解できない

  • 2020/05/06 13:45

 前回書いたブログでも私の関心事は、それまでと同様にPCR検査データだった。この新型ウイルスの強襲に見舞われている私たちにとっての最大の関心事は、PCR検査データ以外にはないと確信している。前回のブログでは、東京都の発表する感染者数の発表を聞いて一喜一憂するのは止めた方がよいと書いたが、あれから3週間たった現在もその気持ちに変わりはない。しかし、そう言いながら毎日そのデータを針の孔でも見るように、食い入るように見つめている自分がいる。それをやめられないのである。その理由は、考えれば考えるほど厄介で恐ろしいこの新型ウイルスについて、私たちがその状況を知ることのできる唯一の確かであるはずのデータが、PCR検査データだからである。それを理解することがむつかしい、あるいはあてにならないとすれば、私の頭の中が混乱する。
 今回のブログでは、東京都のホームページに提示されるこの検査データの理解のむつかしさについて絞って書いておきたい。このデータで一番の問題は1枚目の写真の陽性患者数を示した柱状グラフと、2枚目の写真の検査j実施人数の柱状グラフの同時性?であろう(この二つのデータは5月4日のホームページの写真である)。つまり、同じ日付の二つのデータはセットでなければ意味がないのである。もし同じ日付でセットでないならば、そうでない理由がこの一連のデータ表示のどこかに表記されていなければならないと思われる。私は前回のブログでも、このデータ中の同じ日付の2つのデータの”同時性”(変な言葉だが他に言いようがない)に疑問を呈しておいた。
 さて、この二つのデータ群からなにがしかの重要な結論が導き出されるためには、私にでも指摘できるような矛盾がないことが大前提である。そこであってはならない矛盾がないかを4月1日から5月4日までの個別のデータを細かく調べてみると、以下に示すような異常なPCR検査データがある。それを以下にわかりやすいように表記したい。是非皆さんにも以下に提示するURLを用いて東京都のホームページに入って逐次ご覧いただきたい。ホームページの柱状グラフにカーソルを持って行けばその柱の日付と数値が表示されるhttps://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/ )。

      陽性患者数 検査実施人数

4月  4日    116               65
4月  5日          143               62
4月12日          166               57
4月14日          161               91
4月28日          112               84

上の5つのデータはいずれも検査実施人数より陽性患者数が多い、つまり左の数字が右の数字より大きいというのはあり得ないデータという以外にない。これはどこかにデータ集計上の間違いかあるかまたは取りこぼしがあることを意味している。さらに変だと感じられるのは、検査実施人数のデータが常に2日から4日遅れて表示されるのである。つまり、検査実施人数の集計に戸惑っていると考えるしかない。確かにいまのPCR検査の管理運営は複雑な仕組みになっていて、民間が行う検査にも二通りあるなど混乱のもとになっているらしい(https://news.yahoo.co.jp/byline/tateiwayoichiro/20200506-00177091/ )。
 今朝、TBSテレビのモーニングショーを見ていたら意外なことを聞いた。東京都の関係者ですらいわゆる陽性率、つまり検査実施人数の何パーセントが陽性であるかのデータを正確に捕捉できていないというのである。つまり、何人感染したかのデータには大きな関心があったが、その感染がどこまですそ野が広がっていたかを示すデータにはもともと関心が薄かったと考えるしかないのである。先ほども書いたが、検査実施人数のホームページへの記載は2,3日の遅れは珍しくない。つまり毎日の感染の広がりのリアルタイムでの把握はできていないということになる。
 もし、集計が毎日規則正しく行われていれば、少ない検査数であったとしてもあまりに大きな数値のばらつきは出にくいはずであるが、ここにお見せした1枚目2枚目の写真でわかるように毎日のデータであるにもかかわらずすごくぶれているのは、集計が規則正しく行われていないことの表れかもしれない。こんなデータで専門家委員会などはどのようにして実効再生産数などという数値をひねり出されているのだろうか。私にはわからない。専門家には現在のデータの集計の仕方の問題点などすぐにわかっているはずで、それでも何かの方向性を求められるのは苦しいに違いない。そんな状態でも依然として改善されないのは、日本の官僚組織を含めた組織の構造とその動かし方に大きな問題があるのだろうと思う。37.5℃以上が4日間続かないとPCR検査が受けられないなどとの呪文がもういつから亡霊のように生き続けているんだろうか。
 PCR検査の数がいつまでたっても上がってこない。専門家委員会副座長の尾身氏などもその点を聞かれて”目詰まり”などという苦しい言い訳しかできない。彼にそのことを求めるのは酷だと思われる。私が驚いているのは、この東京都のデータの集計の仕方にマスメディアで数人のコメンテーターが明らかに異議を唱えたのは、ここわずか1週間か10日前のことであったように思う。
 そんななか大阪府は私が上で問題だと指摘した検査実施人数などのデータを正確に出しているようである。それがあるが故に、昨日吉村知事が新たな出口戦略を発表し、その中に陽性率なる言葉で大阪府の現状を把握しようとしているのはよく理解できる。今後大阪府の出方をしっかりと注視したいと思う。

 最後に、いつもの年なら今日はいわゆるゴールデンウィークの最終日である。でも、今年はそんな雰囲気ではない。しかし私の住処のそばには幼稚園があり、そこには”がんばろう”、”コロナに負けるな”と書かれた鯉のぼりが風に吹かれている。通行人もそれを眺めては写真を撮ったりしている。私も何かしらそれに元気をもらっていて、ここに感謝の意を表したい。
 なお、画像はクリックで拡大してご覧ください。なお、グラフの縦軸は人数、横軸は日付である。

追記:
 このブログをアップロードした昨日の夜のNHKGのNews Watch 9で、ここに書いた細かい数字はともかく上の内容とほとんど同じことが報道されていた。間違ったことを書いてはいないと安堵した(5月7日朝)。
追記2:
 このブログをアップロードして二日目に一つの発見をした。それは、東京都健康安全研究センターが行うのであろう検査以外に他の医療機関等が行う検査件数が4月中旬以降センターの検査件数の数倍になる場合があることが東京都のホームページのデータからわかってきた。それを考慮に入れると、私が上にあげた数値の逆転現象は4月5日のデータを除いて解消される可能性があることをお伝えしておきたい。しかし、依然として陽性患者数と検査実施人数を同じ日付の2つのデータで比較・検討してよいかどうかについては不明のままである(5月8日夕)。

ページ移動

ユーティリティ

<<<2020年11月>>>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed