エントリー

2011年10月の記事は以下のとおりです。

高槻の秋(1) 収穫の秋

  • 2011/10/17 11:41

(ここで使われている写真の多くは2009年2010年に取られたものであるが、元の記事が失われたために、その写真を生かし新しい写真を加えて書き直すこととした)

 私が住む家の北側には摂津峡を包み込む山がすぐそこにあり、南西側には田んぼが広がっていてその脇を芥川が流れている。この季節になるといつもと変わらぬ黄金色の田んぼと、それを刈り取った後の田圃に群がる鳥たちがいる。この辺りは「ひのひかり」という品種の米が主に栽培されており、私たちも秋になるとその美味しい新米を農協で安く買って楽しませてもらっている。私はこんな里山が大好きでここに住み着いている。
 そんな田圃に苗を植える5月には、田圃のきれいな水の中に無数のカブトエビが姿を見せる。せわしく動き回っているそのすがた形はまるでカブトガニそっくりで、まるでそのミニチュア版である。時にはそんなカブトエビがひっくり返ってもがいている面白い姿も見える、そんな写真2枚を組み合わせたものが1枚目の写真である。
 そんな田圃が黄金色になると里山の典型的な風景になる。それが2枚を組み合わせた2枚目の写真で、刈り取った後の田圃を狙っている“都会に出てきた田舎者”と言われるムクドリの集団や、電柱の足場に止まって虎視眈々と落穂ひろいを楽しもうとしているスズメの集団の写真が3枚目と4枚目の写真である。
 この芥川周辺の里山にある個々の農家には、私が育った三重県の田舎と同じくほとんど柿の木などが植わっていて、それが秋になると見事に色づいてくる。その多くが渋柿のようで、昔なら干し柿にして保存食にしたのであろうが、今では軒下に吊るしているのをあまり見ないのは残念である。
 この田圃のそばに芥川が流れていて、なかなか良い雰囲気である。でも、最近は少しずつ建物が増えているようで、きちんと規制をしてこの豊かな里山を維持してもらいたいものである。いまでは、ほとんどいつも沢山の人がウォーキングやジョギングを楽しむ絶好の癒しと身体を動かす場所になっていることを、高槻市には忘れてもらいたくない気持である。

[簡易復元] こんな遊びを知っていますか? でも、遊びでないかも!

  • 2011/10/16 16:52

(この記事のオリジナルは2009年秋に書かれたものであるが、失われたので簡易復元する)

 ビールの大瓶の写真が3枚ある。瓶の下には10円玉がひとつある。ふつう大瓶はその端をただ10円玉の上に載せておいてもほとんど傾いていないし、テーブルを動かそうが瓶をいじろうが何も起こらない。しかし、ちょっと変わった方法で瓶を10円玉の上に載せると、テーブルをかすかに動かしても瓶は倒れてしまう。
 しかし、ビール瓶を10円玉の上に傾けて乗せる、ということが実は大変なのである。いま瓶を傾けて立てよう、つまり10円玉の上に斜めに立てようとしているのが1枚目の写真である。
 そして、それが見事に立った写真が2枚目の写真である。3枚目の写真はちょっと別の角度で撮った写真である。では、どうやってそれを立てるのだろうか?ビール瓶の底は角張ってはおらず、丸い。では、その丸いビール瓶の底を10円玉のどこに当てて立てるのか。10円玉の裏にはアラビア数字で10とある。その「1」と「0」の間の隙間を利用してそこにビール瓶の底の丸い部分を載せてバランスを取るのである。「0」のゼロの中に立てることも考えられるが、私は無理とあきらめて試したことはない。
 だから、そんな狭いところに大きな大瓶の底の端を乗せてたてるのだから、その作業は高い集中力と微動だにさせずにその場所を探り当てるカンの勝負である。本当に疲れる作業である。そして、立ったビール瓶もそれほど長くは立っておらず、何かの拍子に倒れてしまうのでじっと手をそばに添えておかないと瓶が倒れて割れる可能性もあるから厄介である。この写真の場合も10分も立ってはいなかったと思う。
 要するに、この状態は極めて不安定な状態を表している。誰もテーブルをゆすっていないし、床をどんどんさせてもいない。それでも倒れてしまうということは、私たちの世界は、特に気が付かないがかすかに揺れ動いているということを示している。私はこの話をヒントにして若い看護の学生の方々に、生命とはこんな不安定な状態であること、そして、生命を安定なものにする努力にもかからわず常に不安定にする要因にさらされている、という話をしている。とにかく、生命とはそんな不安定な存在である。だから、極めて精緻に出来上がっているのであろうか。それを知りたいというのは、生物学者のみならず全ての科学者の想いであろう。そして、だからこそ、命は大事にしなければいけない。

[簡易復元] 秋の淀川、初冬の奈良春日・大仏周りを走る

  • 2011/10/16 13:26

(この記事のオリジナルは2009年に2つの別々のブログとして書かれたものであるが、簡易復元としてひとつに統一して書き直す)

 2009年11月9日、淀川河川敷平方大橋下をスタート地点とする「2009年大阪リバーサイドマラソン」(ハーフ)に出場した。この同じ場所では一週間前に「大阪・淀川市民マラソン」という大会がが毎年行われており、フルマラソン、ハーフ、それに10キロやもっと短いレースなど多彩な大会が開かれており、私もこれまで2度参加経験がある。しかし2008年から参加し始めたリバーサイドマラソンの方はもっとこじんまりした大会で、淀川市民マラソンにはない特長があることからこの大会に変更したのである。
 その特長は、正確な1キロごとの距離表示である。私が頻拍、つまり心拍数の急上昇という問題を抱えていたことは何度も申し上げているが、その発生を避けるためには出来るだけきっちりとしたペースで走りたいが、そのためには距離表示が必須である。そんなことからこの大会に出始めている。スタート、ゴール地点は自宅からも車で20分ほどと近いので気楽な大会である(1枚目の写真)。
 当日は天気も良く、無理をせずに気楽に頻拍の発生もなく楽しく走ることが出来た。公式記録は2時間03分54秒、ネットタイムは2時間03分04秒で、2時間を切っておきたかったのでそれだけがちょっと残念であった。
 それからおよそ1か月後の紅葉も終わりころだが快晴の12月6日、第29回奈良春日・大仏マラソン全国大会に参加した(2枚目の写真)。これもまあ近場の大会で、東大寺や春日神社、それに若草山の周りのアップダウンの多い、変化にとんだ狭い道を大勢の参加者が最初はひしめき合って走る大会で、ちょっと危ないところもあるが、しかし東大寺の鹿のいる参道(3枚目の写真、赤い矢印がある方向へ走る)など面白いところをいろいろと走らせてくれる、10キロと短いが面白い大会である。短く、しかもかなり混雑するので無理して走る大会でもないため楽しい感じが優先し、走り終わった後で有名な柿の葉寿司をお昼ご飯に頂いて、東大寺(4枚目の写真上)に無事生還のお参りをして京都行きの近鉄特急電車で帰ってくるのである。今回が確か3回目の参加であった。タイムはネットタイムは分からなくなってしまったが、公式タイムは59分40秒であった。
 そんな近鉄電車で帰る途中、ふと窓の外を見ると見慣れない大きな建造物が立っているのが見えた。窓のガラス越しに小さなデジカメで写真を撮っておき、自宅に帰ってから調べたところ、それは平城京跡に、奈良建都1300年に当たる2010年に合わせて大極殿(第一次)が実物大で復元され完成間近の大極殿であることが分かった。それは当時は即位式や外国使節謁見の朝儀のために使われた空間であったと言われる。写真も意外にきれいに撮れていたので4枚目の写真の下にお見せしたい。なお、私はいまだその実物を見に行ってはいない。
 その帰りの電車の中、私の隣の席に政治家・舛添要一氏一家が乗られていた。二人のお子さんに対して良きお父さんぶりを見せていた。

ページ移動

ユーティリティ

<<<2011年10月>>>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed